洋服ファッションレンタル市場の実態と展望!

市場

 

洋服レンタルサービスが誕生したのは2014年の終わり頃からです。従来の貸衣装ではなく、もっと自由にオフィスやデートの時に着る服をレンタルするという画期的なものでした。サービスがスタートしてから5年以上が経ち、様々なサービスも増えてきています。しかし、まだまだ会員数が少ないという実態があります。今後洋服レンタル市場はどう変わっていくのでしょうか。洋服レンタルの実態と展望について考えていきたいと思います。

 

 

洋服レンタル市場の実態は?

洋服レンタル市場の実態

 

洋服レンタルはどれくらいの認知度があるのでしょうか。
洋服レンタルを利用する年齢層である20代女性の認知度は70%という結果が出ています。これはかなり高い数字ですね。洋服レンタルユーザーがSNSに情報を投稿することで、広く知られるようになっています。
しかし、実際に利用している方は全体の約3%だというのです。こちらはとても低い結果となっています。

 

洋服レンタル利用者が少ないのはどうしてか?

70%の方に知られているにも関わらず、3%の方しか利用していないのはどうしてなのでしょうか。
それは洋服レンタルへのイメージが関係しています。
洋服レンタルというサービスについてあまり良くないイメージを持っている人が多いのです。
しかし、実際に洋服レンタルを利用した人の満足度は高いのです。
洋服レンタル最大手のエアークローゼットを利用した方のリピーター率は70%を越えています。
つまり洋服レンタルは一度利用してみるとそのサービスの良さに満足できて、そのまま使い続ける方が多いのです。しかし実際に利用したことがない方の間では、良くないイメージばかりが独り歩きしているのです。

 

洋服レンタルはイメージが悪い?

それでは、洋服レンタルにはどのような悪いイメージがあるのでしょうか。そしてそのイメージは事実と合っているのでしょうか。

 

利用するのが難しそう

洋服レンタルはネットで注文すると洋服が届き、返却期限までに返却キットに入れて返送するだけです。でもこの手間が面倒、難しそうという方が多いです。
しかし実際には難しいことは全くありません。返送キットはとても便利に使いやすく作られているので、返送する荷造りのわずらわしさは全くありません。インターネットからの注文などの情報入力もとても簡単なのです。

 

弁償代が高そう

「借りた洋服だと、汚したり壊したりしそうでこわい」「高額の弁償代がかかりそう」という声も多いです。
でも実際に、もしクリーニング不可能な汚れをつけてしまった場合でもそれほどの高額な弁償代を支払うことはありません。安心保障がついていることも多いので、数百円支払うだけになるでしょう。
実際に利用してみると、そんなにビクビクして着ることにはなりません。

 

中古品が汚れていそう

洋服レンタルの悪いイメージとして最も多いのがこのイメージでしょう。
レンタル服は中古品が届くので、汚い洋服や匂いのする洋服が届くのではないかという心配があるのです。
確かに中古品なので新品とは違います。でも、かなりしっかりとクリーニング、メンテナンスをされているので、シミが残っていたり、前回の匂いが残っていることはまずありません。もしそのような質の悪い中古品を貸し出したとしたら、すぐに悪い噂がたってしまいますよね。洋服レンタル会社側もそれは百も承知なので、きれいな状態で貸出することに力を注いているのです。
さらに、どうしても中古品に抵抗がある場合には、新品の洋服だけをレンタルしている会社もあります。新品にこだわる方は、ぜひ新品専門の洋服レンタルサービスを利用しましょう。

 

このように、洋服レンタルに悪いイメージをお持ちの方が多いと思いますが、実際はそのイメージ通りではないのです。

 

 

洋服レンタル市場の展望は?

洋服レンタル市場の展望は?

 

洋服レンタル会員数が増え続けているのは事実ですが、まだまだ洋服レンタル市場は巨大市場には至っていません。その理由は、悪いイメージが独り歩きしていたり、優れているサービスの詳細が正しく認知されていないことにありました。
でもこのような実態は、洋服レンタルに限ったことではありません。
現在は巨大市場となっているフリマアプリについても、はじめは「個人から中古品を買うなんて心配」「アプリ操作が難しそう」と敬遠されていました。
有料動画配信サービスについても、はじめは「有料で動画を見るなんてもったいない」「無料動画のほうが面白い」などという人が多く、今のような会員数ではありませんでした。
しかし、これらのサービスは徐々に正しい情報が認知されるようになり、さらに時代のニーズとマッチしたことでどんどん市場を拡大しているのです。
洋服レンタルも時代のニーズに非常にマッチしています。
無駄なものは持たずにシェアしようという「シェアリングエコノミー」サービスや、シンプルライフを送る「ミニマミスト」の増加。
さらにおしゃれをしたいけど時間がない働く女性やママが増加する中、洋服レンタルが求められることは間違いありません。
正しい情報や詳しいサービス内容がしっかり消費者に届くことが今後の課題になるでしょう。この課題をクリアすることができれば、必ず会員数が増加し、市場規模も一気に拡大していくでしょう。

 

アパレル企業の参入がカギとなる?

アパレル企業の参入がカギとなる

 

洋服レンタルはIT企業が運営しているものが多かったのですが、アパレル企業が洋服レンタル市場に参入してくるケースが増えてきています。
2018年11月に「洋服の青山」がレディーススーツのレンタルサービスを開始しています。IT企業発信の洋服レンタルサービスには不安を持っていた消費者も、普段着慣れているブランドが手掛ける洋服レンタルなら、安心して利用することができます。
そのような消費者の動きにより、洋服レンタル市場が拡大していくことが予想されます。洋服レンタルの悪いイメージではなく、優れたサービス内容が広まっていくでしょう。
洋服レンタルサービスが、新しいファッションのカタチとして定着する日も遠くはないはずです。

今回は、注目を集める洋服レンタル市場の実態や展望についてまとめてきました。確実に会員数を増やしている洋服レンタルサービスですが、まだまだ巨大市場には至っていません。しかし、シェアリングエコノミーや働く女性の増加により、洋服レンタルが求められる余地はまだまだあります。アパレル企業参入が続く中で、新たな洋服レンタルユーザーが増えています。これからもさらなる盛り上げりを見せるでしょう。

 

おすすめページ

 

洋服レンタルおすすめ7選!

洋服レンタル7選

洋服選びは女性の楽しみの一つですが、流行りやセンス、サイクルも早いため、失敗する事多く折角のおしゃれが苦い経験になる事も。そしておしゃれ=費用もかかります。そこで今、注目を浴びているサービスが洋服レンタル。プロがコーディネートしてくれたり月額料金で費用が抑えられたり色々なブランドや洋服が試せたりとメリットが多いのが特徴。今では多くの洋服レンタルサービスがあり、迷ってしまう事もあるのではないでしょか。そこで当サイトが口コミ評判あらゆる特徴を比較し、詳細をまとめ、自分に合う洋服レンタルが簡単にみつけられるようにしました。オススメ7選としランキング形式で紹介していますのでは要チェック!