カジュアルと(セミ)フォーマル、ドレスコードを男女別で解説!

カジュアルと(セミ)フォーマルの違い?ドレスコードの基礎を男性女性別で解説!

 

洋服レンタルは、様々なジャンルの服を扱っています。カジュアルファッションからフォーマルファッション、セミフォーマルファッションまで幅広いアイテムから選ぶことができます。結婚式などの冠婚葬祭の時にはフォーマル服のレンタルサービスを上手に利用しましょう。ホテルディナーや同窓会に行く時には、セミフォーマル服がレンタルできるレンタルサービスを利用してください。
でも、そもそもカジュアルとフォーマルの違いって何なのでしょうか。わかっているようでわかっていないカジュアル、フォーマル、セミフォーマルについて男性女性別で解説していきたいと思います。

 

 

カジュアルとフォーマルとセミフォーマルの違いとは?

カジュアルとフォーマルとセミフォーマルの違いとは
結婚式やパーティーでは「ドレスコード」が決まっています。
ドレスコードとは、パーティーなどの集まりや高級レストランなどにおける服装の規則です。
海外のレストランでは特にドレスコードが細かく決まっていることがあるので、海外旅行に行く時には事前に調べておく必要があります。
ドレスコードには大きく分けて、カジュアル、フォーマル、セミフォーマルのスタイルがあります。それぞれのルールや具体的な服装についてご説明していきましょう。

 

 

カジュアルファッションとは?

カジュアルファッションとは

 

カジュアルの意味は「格式ばらず、くつろいでいるさま。特に、気軽な服装のさま。」となっています。
ゆったりくつろげる服、気楽に着れる服ということですね。つまり普段着のことです。ジーンズ+Tシャツ+スニーカーがカジュアルファッションと言えます。
しかしドレスコードとして指定される「カジュアル」は普段着としてのカジュアルの意味合いとは違うので注意してください。
招待状に「カジュアルな服装で」と書いてあってもTシャツとジーンズで行くのは避けましょう。
ドレスコードのカジュアルな服装について男性女性別に見ていきましょう。

 

男性のカジュアルファッションは?

男性のカジュアルファッション

男性のカジュアルファッションの基本は「ジャケパン」スタイルです。
シャツにジャケットを羽織り、チノパンと革靴を履けばOKです。
また必ずジャケットが必要な場合ばかりではありません。シャツだけでもOKだったり、ジャケットではなくカーディガンでもOKなこともあります。
レストランなどでドレスコードをカジュアルファッションとしている場合は、必ずしもシャツとジャケットとネクタイが必要なわけではなく、「汚いスニーカーや半ズボンなどはNGです」という意味合いのことが多いです。

 

 

女性のカジュアルファッションは?

女性のカジュアルファッションは

女性のカジュアルのスタイルは「カジュアルエレガンス」「スマートカジュアル」に分けられます。


 

カジュアルエレガンス

エレガンス=「上品な」カジュアルスタイルです。
セミフォーマルに近いスタイルになりますね。品の良いワンピースとジャケットスタイルが間違いありません。ジャケットではなくカーディガンでもOKです。

 

スマートカジュアル

おしゃれなカジュアルスタイルです。
ワンピース+カーディガン、スカート+シャツなどの組み合わせが無難です。
ドレッシーさがあればパンツスタイルもOKです。でもデニムジーンズは避けたほうが無難でしょう。

 

このように、ドレスコードでカジュアルと指定されている場合には、男女ともにただの普段着ではなく、ちょっとおしゃれな外出着レベルであることを覚えておきましょう。

 

 

フォーマルファッションとは?

ォーマルファッションとは

 

フォーマルの意味は、「正式なさま。公式なさま。形式的。儀礼的。」となっています。ドレスコードでフォーマルと指定された時には、正装で来てくださいということですね。
主賓として参加する結婚式や、格調高いセレモニーなどに出席するときには、フォーマルファッションが求められます。
カジュアルファッションとは違いルールが決まっているものなので、間違えないようにしたいです。

 

 

男性のフォーマルファッションは?

男性のフォーマルファッション

男性のフォーマルファッションは、正礼装・準礼装・略礼装の3つがあります。そしてさらに昼と夜で装いが変わります。


 

正礼装

もっとも格式の高い服装になります。
昼間用はモーニングコートになります。白シャツ、グレーやベージュのベスト、黒・白・シルバーを基調としたネクタイを合わせます。
夜用は燕尾服になります。白シャツ、白いベスト、白の蝶ネクタイを合わせます。

 

準礼装

一般的に結婚式で着るのが準礼装です。
昼間用はディレクターズスーツになります。シングルかダブルの前合わせの黒ジャケットと、グレーか黒のベスト、黒かグレーのストライプパンツを合わせます。
夜用は黒のタキシードになります。白シャツ、黒の蝶ネクタイが一般的です。

 

略礼装

フォーマルファッションの中で、もっとも簡略化されたファッションです。
黒のスーツ、白いシャツ、ネクタイというスタイルです。結婚式には白いネクタイ、お葬式や法事の時には黒いネクタイを着用します。

 

このように男性のフォーマルファッションには様々なファッションがあります。正礼装、準礼服はレンタルする方が多いですが、略礼服のためのブラックスーツは揃えておきたいです。

 

 

女性のフォーマルファッションは?

女性のフォーマルファッション

男性同様に昼と夜で装いが変わってきます。昼間はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスになります。


 

アフタヌーンドレス

昼間用のフォーマルドレスです。
袖丈は7〜8分袖、もしくは長袖です。暑い時期でもノースリーブは避けましょう。短い袖の場合はジャケットを着て調整すると良いです。
スカート丈は長いほどにフォーマルなものになります。ひざ下のミディアム丈が好ましいでしょう。
素材はシルクやレースが良いですね。光沢があるものは向いていません。

 

イブニングドレス

夜用のフォーマルドレスです。
袖丈はノースリーブで襟元や背中があいているものも多いです。
スカート丈はロング丈になります。
素材はラメやスパンコールなどの光沢がある素材が華やかで◎です。

 

アフタヌーンドレスの場合も、イブニングドレスの場合も、ストッキングを着用しヒールのあるパンプスを履きます。バッグは革製ではなく布製のものがフォーマルになります。

 

 

セミフォーマルファッションとは?

セミフォーマルファッションとは

 

セミフォーマルとは、フォーマルとカジュアルの中間にあるスタイルです。
披露宴、高級ホテルやレストラン、入学式や卒業式、同窓会など様々なシーンで求められるファッションです。
フォーマルファッションほどのかっちり感がないけれど、特別な空間にふさわしい服装という位置づけです。

 

男性のセミフォーマルファッションとは?

男性のセミフォーマルファッション
基本的にはシャツとジャケットにパンツと革靴を合わせるスタイルです。
おしゃれスーツや遊び心のある色使いが◎。
きれいなデニムパンツならセミフォーマルに取り入れても問題ありません。


 

女性のセミフォーマルファッションは?

女性のセミフォーマルファッション

女性の場合はドレス、ワンピースが一般的です。
袖の長さは自由ですが、短い場合は羽織ものを合わせるようにしましょう。
スカート丈は膝下が良いですね。ロング丈は適しません。
派手なものや露出の多いものは避け、シンプルで上品なデザインを選びましょう。
夜用のセミフォーマルファッションは「カクテルドレス」になります。ノースリーブや胸元があいたドレスになります。
スカート丈は、膝からくるぶしの間の丈を選びましょう。イブニングドレスよりはカジュアルなイメージです。

 

このように男女ともにセミフォーマルは、フォーマルファッションよりも自由度が高くなりますね。しっかりルールを守りフォーマル感を残しつつも、個性的なおしゃれを楽しみたいですね。

洋服レンタルサービスでは、フォーマルファッションからカジュアルファッションまで網羅しています。でも、カジュアル、フォーマル、セミフォーマルの正しい知識がないと、どれをレンタルすれば良いのか迷ってしまいますよね。今回ご紹介した3つのファッションをぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめページ

 

洋服レンタルおすすめ7選!

洋服レンタル7選

洋服選びは女性の楽しみの一つですが、流行りやセンス、サイクルも早いため、失敗する事多く折角のおしゃれが苦い経験になる事も。そしておしゃれ=費用もかかります。そこで今、注目を浴びているサービスが洋服レンタル。プロがコーディネートしてくれたり月額料金で費用が抑えられたり色々なブランドや洋服が試せたりとメリットが多いのが特徴。今では多くの洋服レンタルサービスがあり、迷ってしまう事もあるのではないでしょか。そこで当サイトが口コミ評判あらゆる特徴を比較し、詳細をまとめ、自分に合う洋服レンタルが簡単にみつけられるようにしました。オススメ7選としランキング形式で紹介していますのでは要チェック!