今日や明日の天気・気温での失敗しない服装とは!洋服レンタルを活用し選ぶコツ

今日や明日の天気・気温での失敗しない服装とは!洋服レンタルを活用し選ぶコツ

 

朝起きて、「今日は何を着ていこう」と思う時に、どんなことを基準に洋服選びをしていますか?仕事の予定や、会う人、行く場所など色々なことを考慮して服装を決めると思いますが、多くの方が考えているのは「天気・気温」ではないでしょうか。どんなに素敵なコーデをしていても、気温に合わずに寒すぎたり暑すぎてしまったらおしゃれを楽しめません。それでは、天気・気温で失敗しない服装とはどんなものなのでしょうか。天気と気温に合わせて服装選びのコツについてご説明していきましょう。

 

 

失敗しない服装は天気・気温に合わせることが大切

天気・気温に合わせることが大切

 

「おしゃれは我慢」と言って、夏でも暑い服装、冬でも寒い服装に耐える方もいますが、暑さ寒さにストレスを感じていると、自分自信が楽しくありません。
おしゃれの基本は快適に過ごすこと。失敗しない服装とは、天気・気温に合わせた服装なのです。
でも、天気・気温に合わせた服装で出掛けたつもりでも暑すぎたり寒すぎたりしてしまうこともあります。
特に最近は春でも真夏のような暑さになったり、春に真冬のような寒さになるなど、季節外れの気温になることが増えています。
そんな天気と気温の変化に合わせて快適な服を選ぶためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

今日、明日の服装指数を参考にしてみよう

今日、明日の服装指数

 

「服装指数」というものがあることをご存知でしょうか。
天気と気温に合わせた服装選びの1つ目のコツはこの服装指数を参考にして服装を決めることです。
服装指数とは日本気象協会が毎日発表しているものです。ホームページで全国の服装指数を確認することができます。
今日、明日の天気と気温に適した服装を表示しているものなです。洗濯、紫外線、花粉症などの指数情報と同じ感覚ですね。
服装指数は全部で5段階表示されており、それぞれの指数に合わせた服装がわかります。
さらに、「薄手のカーディガンがほしい」「昼間は長袖1枚で十分」など具体的なアドバイスもあるのでとてもわかりやすいです。
今日、明日の服装指数だけでなく1週間分の服装指数まで出ているので、コーディネートを考えておくことができてとても便利です。

 

 

天気・気温ごとの服装の目安を覚えておこう

 

天気・気温ごとの服装の目安
服装指数は毎日の服装選びに参考になりますが、自分でも天気・気温ごとの服装の目安を覚えておくと良いでしょう。
春、夏、秋、冬と季節ごとの服装はだいたい決まっていても、気温に合わせた服装はあまり気にしていないかもしれません。
季節で分けるのではなく気温ごとに服装を分けて考えてみましょう。これが天気と気温に合わせた服装選びの2つ目のコツです。
それぞれの気温別の服装選びのポイントをご説明していきましょう。

 

 

6℃未満の服装は?

6℃未満の服装

6℃未満になると、完全に真冬の装いです。
ダウンコート、ロングコートなど、防寒用のコートで厳しい寒さに立ち向かいましょう。
足元はブーツ、あったか効果のあるインナーやボトムスなどをフル活用して寒さ対策してください。


 

6℃未満の服装のおすすめポイントは?

6℃未満になると、コートを着ただけで寒さ対策が十分とは言えません。
防寒のための小物を上手に取り入れていきましょう。マフラー、帽子、耳当て、帽子などで冬コーデを楽しむのがおすすめ。冬アイテムは落ち着いた色になりがちなので、カラフルな小物を差し色に使うのも良いでしょう。

 

 

7℃〜10℃の服装は?

7℃〜10℃の服装

ジャケットやパーカーだけでは肌寒さを感じるようになります。
本格的なコートで徐々に防寒対策をはじめる季節です。10℃以下になってきたら、ニットが大活躍するようになります。厚手のニットで見た目にも温かさを演出しましょう。


 

7℃〜10℃の服装のおすすめポイントは?

足元はストッキング+パンプスから、タイツ+ブーツに移行する時期です。パンプス以上にブーツはトレンドに左右されやすいもの。最旬のブーツファッションを取り入れて、冬のおしゃれを楽しみましょう。

 

 

12℃〜15℃の服装は?

12℃〜15℃の服装

12℃〜15℃の気候になるのは、冬から春に向かう時期と、秋から冬に向かう時期があります。
冬から春に向かう時期には、スプリングコートやカーディガンで軽やかな重ね着を楽しみましょう。
秋から冬に向かう時期には、薄手のコート、厚手のジャケットや厚手のカーディガンがおすすめ。あったかニットでほっこり気分を味わいましょう。


 

12℃〜15℃の服装のおすすめポイントは?

この気温の時期には、次の季節を先取りしたカラーやアイテムを心掛けるとおしゃれ度がアップします。
春先には、カラフルな春色カラーを取り入れてみたり、秋には徐々に暖色系のアイテムを増やしていくと良いでしょう。

 

 

16℃〜20℃の服装は?

16℃〜20℃の服装

長袖のトップスに軽めの上着を合わせるのがちょうど良い気温です。
薄手のジャケット、パーカー、カーディガンなど、羽織物をフル活用しましょう。
晴れ、雨、曇りで体感温度が多く違ってくるので、半袖+羽織物、長袖+羽織物で調節をしてください。


 

16℃〜20℃の服装のおすすめポイントは?

この時期にはストールが大活躍します。体温調整にも重宝しますが、秋、春のコーディネートをワンランクアップさせてくれるすぐれものアイテムです。トレンドを取り入れたストールで心地良くおしゃれを楽しみましょう。

 

 

21℃〜25℃の服装は?

21℃〜25℃の服装

暑くもなく寒くもなくちょうど良い気温です。
でも、半袖にするか長袖にするか迷う時期でもあります。
迷った時には、半袖に長袖の羽織物で調整しましょう。
この時期には七分袖も大活躍します。


 

21℃〜25℃のおすすめの服装は?

この時期にはベーシックな半袖Tシャツがあると便利です。カーディガンを合わせればオフィスにちょうど良いきちんと感を出すことができます。シャツを合わせればカジュアル感にも着こなすことができます。

 

 

26℃以上の服装は?

26℃以上の服装

26℃を越えたら半袖でOK。
さらに暑くなってきたら、薄い素材、汗が乾きやすい素材、風通しの良いデザインなどの半袖トップスを取り入れていくことも大切です。
サンダルファッションを思い切り楽しめるのもこの季節。爽やかなサンダルで暑さ対策をしていきましょう。
また紫外線対策も万全にしたい季節です。外出時には帽子や羽織物を上手に取り入れてください。


 

26℃以上の洋服のおすすめポイントは?

26℃以上も気温は温度だけでなく湿度によって体感温度が大きく変わってきます。服装を考える時には、気温だけでなく湿度にも注目して服装選びをしましょう。特に夏の時期は蒸し暑さが厳しくなるので注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。このように、気温によって服装の目安を決めておくと、毎日の洋服選びに失敗することが少なくなるはずです。
また、暑がりの人、寒がりの人によっても天気・気温に対する服装は変ってきます。今回ご紹介した服装を参考に、自分が心地よい服装を考えていくと良いでしょう。

 

 

温度調整ができる服装を考えよう

温度調整ができる服装を考えよう

 

天気や気温で失敗しないためには、温度調整ができる服装を選ぶことが大切です。
温度調整できる服装=重ね着です。重ね着を上手にすることで、上手に温度調整していきましょう。また重ね着を上手に取り入れることで、こなれ感を出すこともできるでしょう。

 

最低気温を最高気温に注意する

その日によって最低気温と最高気温の差は違います。その差を考えて服装を考えることも大切です。特に季節の変わり目は要注意。
秋から冬に向かう季節は最低気温に注意が必要です。最低気温が大幅に低い時には、上着や薄手のコートで調整できるようにしておきましょう。春夏の上着から、秋冬の上着に移行していくのも大切です。
春から夏に向かう季節は最高気温に注意が必要です。朝は涼しくても、昼間は真夏の暑さになることも。涼しい服装になれるように薄手のカーディガンやシャツで調整しましょう。
カーディガンの肩掛け、シャツの腰巻きコーデで、ワンランク上の春夏スタイルが叶います。

 

室外と室内の温度差に注意する

冬場は、外は極寒でもオフィスは暖かく、満員電車は暑いくらいです。
真冬の寒い日には、小物で寒さ対策を万全にすると良いでしょう。帽子やマフラーはもちろん、耳当てやホッカイロなどを駆使して通勤通学の寒さに備えてくださいね。
夏場の温度差対策も大切です。猛暑日であっても、オフィスやデパートなどは冷房が効いています。どんなに暑い日でも必ず羽織物を持ち歩く習慣をつけましょう。羽織物はコンパクトに畳めるものがおすすめ。小さなバッグにもサッと入れられる大きさだと便利です。さらに畳んでもシワになりにくい素材のカーディガンやシャツを選ぶと安心です。

 

 

毎日の服装を考える時には、その日の天気・気温に合わせることが大切です。そのためには天気予報を合わせて今日、明日の服装指数をチェックしてみるのがおすすめ。さらに、気温に適した洋服の目安を把握しておくことも重要です。特に季節の変わり目は服装選びが難しくなります。重ね着を上手に取り入れて、心地良い服装で過ごすようにしましょう。

 

おすすめページ

 

洋服レンタルおすすめ7選!

洋服レンタル7選

洋服選びは女性の楽しみの一つですが、流行りやセンス、サイクルも早いため、失敗する事多く折角のおしゃれが苦い経験になる事も。そしておしゃれ=費用もかかります。そこで今、注目を浴びているサービスが洋服レンタル。プロがコーディネートしてくれたり月額料金で費用が抑えられたり色々なブランドや洋服が試せたりとメリットが多いのが特徴。今では多くの洋服レンタルサービスがあり、迷ってしまう事もあるのではないでしょか。そこで当サイトが口コミ評判あらゆる特徴を比較し、詳細をまとめ、自分に合う洋服レンタルが簡単にみつけられるようにしました。オススメ7選としランキング形式で紹介していますのでは要チェック!