洋服が多い人も適切な分類で片付けも意外と簡単に!

洋服が多い人も適切な分類で片付けも意外と簡単に!

 

おしゃれが好きな人は、ついつい服を増やしてしまいますよね。

 

そこで問題になるのが、服が多いと片付けが大変ということです。

 

おしゃれは好きだけど、片付けは嫌い…という方は多いでしょう。

 

素敵な服があっても、ギュウギュウになったクローゼットやチェストを見るとおしゃれを楽しもうという気持ちが半減してしまいますよね。

 

今回は、「服が多いことで片付けられない問題」を解決する方法を考えていきたいと思います。

 

片付けが苦手な理由は「片付け方がわからない」「服が多い」「服を畳むのが面倒」「片付けてもキレイにならない」などがあるでしょう。

 

これらの理由を踏まえて、スムーズに服の片付けができる方法を考えていきます。

 

ポイントは、上手く分類して服を減らすことです。

 

片付けは苦手という方でも、コツがわかれば意外と簡単に片付けることができるでしょう。

 

 

服の片付けが苦手な理由

服の片付けが苦手な理由

 

服の片付けが苦手…と思っているかもしれませんが、具体的にどうして苦手なのか考えたことがありますか?

 

片付けが苦手な理由を一つずつ考えてみると、片付け上手になるヒントを見つけられるかもしれません。

 

今回は、当サイトの見解に加えて、アパレルメーカーの情報サイト、女性ファッション誌、Yahoo!知恵袋やSNS上で投稿されている服が苦手な人の口コミなども参考にしています。

 

その結果、「服の片付け方がわからない」「服が多い」「服を畳むのが面倒」「片付けてもキレイにならない」ことが理由で、服の片付けに苦手意識があることが見えてきました。

 

服の片付け方がわからない

 

服の片付けが苦手な人は、そもそも服の片付け方がわからない人が非常に多いです。

 

服を片付けてきれいにしたい気持ちはあるのですが、何から手を付けていいかわかりません。

 

服が多いから捨てたいけど、何を捨てればいいかわからない。

 

きれいに収納したいけど、収納方法がわからない…など、片付け方がわからないと、どんどん苦手意識が強くなりますよね。

 

服が多い

 

服の片付けが苦手な人のクローゼットは、服がギュウギュウになっていることが多いですよね。

 

服の片付けが苦手な人は、とにかく服が多いのです。

 

服が少なければ上手く片付けることができる人でも、服が多いことで片付けに苦戦してしまうケースが非常に多いですね。

 

多すぎて何を整理すればいいのか、何を捨てればいいのかわからなくなってしまうのです。

 

服が多いと、どんな服を持っているのか把握できなくなるので、「同じような服を買ってしまった…」という失敗もしやすく、どんどん服を増やしてしまいます。

 

服を畳むのが面倒

 

服の片付けが苦手な人は、服を畳むことをあまりしません。

 

服を畳むのが面倒という片付け下手な人が多いのです。

 

服を畳まずにポンと置いてしまうのは、片付けが苦手な人のクセとも言えるでしょう。

 

きれいに洗濯した服でも、チェストの上に置いたり、床に置いたり、椅子にかけたりしてしまうので、すぐに部屋が服で散らかってしまいます。

 

片付けてもキレイにならない

 

服の片付けが苦手な人は、片付けてもキレイにならないことが多いです。

 

つまり、片付けているつもりでも、正しい片付けができていないのですね。

 

クローゼットに吊るすアイテムは、色も種類もバラバラ。

 

チェストの中は、アイテムをギュウギュウに詰め込んでいるだけ。

 

収納ボックスは全て違う形のものだから統一感がない。

 

このような収納方法では、どんなに毎日片付けてもキレイには見えません。

 

片付けでもキレイにならないから、片付けが苦手になってしまいますね。

 

服の片付けが苦手な理由まとめ

 

ここまで、服の片付けが苦手な理由についてまとめてきました。

 

以下のような理由により、服の片付けに苦手意識がある人が多いのです

  • 片付け方がわからない
  • 服が多い
  • 服を畳むのが面倒
  • 片付けてもキレイにならない

つまり、この4つを改善することで、服の片付けが苦手な人から、片付け上手な人になれるでしょう。

 

次の章では、この服の片付けが苦手な人の理由を踏まえた服の片付け方法をご紹介していきます。

 

服の片付け方法

服の片付け方法

 

服の片付けは苦手な人には、共通する理由があります。

 

片付け方そのものがわからない、片付けられないほど服が多い、畳むのが面倒だからちらかしてしまう、間違った片付け方をしている、ということです。

 

この結果を踏まえて、片付けが苦手な人でも片付け上手になれる片付け方法5ステップをご紹介したいと思います。

  1. ステップ1:全ての服を出す
  2. ステップ2:分類する
  3. ステップ3:「捨てない服」を収納する
  4. ステップ4:「迷い中の服」を保管する
  5. ステップ5:「捨てる服」は買取サービスを利用する

この方法なら、意外と簡単に片付けができるので、片付けが苦手な人ほど片付け好きになれるでしょう。

 

詳しく解説していきますね。

 

ステップ1:全ての服を出す

 

はじめに、クローゼット、チェスト、収納ボックスなどに入っている服を全て出して、1箇所にまとめてください。

 

とにかく全ての服を出すことが大切。そうすると、「こんなに服がたくさんあったんだ…」という事に気付くはずです。

 

服は収納されていると少なく感じますが、出してみると実際には多いことがわかります。

 

「こんなにたくさんの服があるならどうにかしなきゃ…」と思うことが大事。そうすれば、頑張って片付けようという気持ちが高まりますよ。

 

ステップ2:分類する

 

全ての服を集めたら、次にその服を分類していきます。これが一番重要な作業になりますので、大変ですが頑張ってくださいね。

 

片付けが苦手な理由は「服が多い」ことです。これを改善するためには、まず服を捨てる必要があります。

 

服を減らした上で、きれいに収納することを考えましょう。

 

でも、片付けが苦手な理由は「片付け方がわからない」ですよね。

 

だから、きっちり分類することから始めましょう。

 

分類方法は2段階。季節ごとに分けてから、捨てる服、捨てない服、迷い中の服に分類していきます。

 

大きなゴミ袋を用意して分類していくと良いでしょう。

 

季節ごとに服を分類する

 

まずは、春用、夏用、秋用、冬用の服に分類します。

 

季節ごとに分けることで「春用の服は多すぎるからできるだけたくさん捨てよう、冬服は少ないからあまり捨てなくて大丈夫」など、バランスよく片付けることができます。

 

「捨てる服」「捨てない服」「迷い中の服」に分類する

 

次に「捨てない服」「捨てる服」「迷い中の服」の3つに分けます。

 

ここでポイントなのが「迷い中の服」を分類することです。

 

片付け方がわからない人は「捨てる服と捨てない服に分けるのが難しい」と思いますよね。

 

それは「迷い中の服」があるからです。

 

「捨てない服」はすぐに選べるでしょう。いつも着ている服、お気に入りの服を選べば良いですね。

 

「捨てる服」もすぐに選べます。もう着ていない服、気に入らない服、サイズが合わない服、ダメージがひどい服などを選べば良いだけです。

 

しかし、その中間の「もう着ていないけど、結婚式に呼ばれた時には着るかもしれない」「サイズが合わないけど高かったから捨てるのはもったいない」などの理由から、捨てるか捨てないか迷う服が多いんですよね。

 

だから「捨てる服がわからない…」となってしまうのです。

 

「迷い中の服」も分類してしまうと、とてもスムーズに分類できるでしょう。

 

「捨てる服」「迷い中の服」はそれぞれまとめてゴミ袋に入れておきます。

 

「捨てない服」は収納していきましょう。

 

ステップ3:「捨てない服」を収納する

 

「捨てない服」が決まったら収納していきましょう。

 

せっかく出した服を、再びギュウギュウ収納してしまったら意味がありません。

 

きれいに収納することを心掛けてくださいね。

 

ポイントは「できるだけハンガーに吊るす」「タテ収納する」「収納ボックスは統一する」ことです。

 

できるだけ多くの服をハンガーにかける

 

捨てない服の中から、ハンガーにかける服を決めましょう。

 

片付けが苦手な理由は「服を畳むのが面倒」ということ。多くの方が当てはまるのではないでしょうか。

 

これを改善するためには、できるだけ多くの服をハンガーにかけるのがポイントです。

 

初めから畳まない服と決めておけば、畳むという面倒な作業が不要になり、一気に片付けのハードルが下がります。

 

ハンガーにかけるのはアウター類だけという方は多いと思いますが、Tシャツやブラウスなどのトップス、ワンピースやスカートなどもシワになりにくいので、ハンガーにかけて収納するのがおすすめです。

 

ただし、セーターやパーカーなど、ハンガーにかけると伸びてしまう服もありますので注意してくださいね。

 

また、ハンガーにかけるアイテムを増やすと、自然と服は少なくなるメリットもあります。

 

チェストにギュウギュウ押し込むほうがたくさんの服が収納できるので、どんどん服が増えてしまいます。

 

ハンガーにかけられるアイテム数は限られてくるので、自然と服の数は減ってくるでしょう。ハンガーの数は常に決めておくと良いですね。

 

ハンガーにかけるアイテムが決まったら、順番にもこだわりましょう。

 

きれいに片付けるためには、「揃える」ことがポイントです。

 

「カラーで揃える」「丈で揃える」「アイテムごとに揃える」など、好きな揃え方を決めて収納しましょう。

 

クローゼットの中に統一感が生まれて、美しい収納が叶いますよ。

 

チェストはタテに収納する

 

ハンガーにかけきれない服、ハンガーに向いていない服はチェスト、もしくは収納ボックスに収納していきます。

 

ポイントは、重ねるのではなく、タテ収納することです。高さを同じにすること、輪っかを下にするとキレイに収納することができます。

 

どんな服があるのか一目でわかるので、同じような服を買ってしまい無駄な服を増やしてしまうということもなくなりますね。

 

毎朝のコーディネートもスムーズになるでしょう。

 

収納ボックスは統一したものを使う

 

片付けしたつもりなのに、なんかスッキリしない…という方は、収納ボックスを見てください。

 

色々なタイプの収納ボックスを使っていませんか?

 

同じ大きさやカラーの収納ボックスにすることで、収納スペースがぐんときれいな雰囲気になります。

 

収納ボックスは100均で買うこともできますので、ぜひ揃えてみてくださいね。

 

ポイントは、ベーシックカラーで統一すること。グリーンやオレンジなどカラフルなボックスも素敵ですが、どうしても乱雑した雰囲気になっていまいます。

 

きれいに収納することを目的にするなら、白やベージュの収納ボックスに統一すると良いでしょう。

 

ステップ4:「迷い中の服」は保管する

 

「捨てない服」の収納が済んだら、「迷い中の服」にうつりましょう。

 

捨てたいけど捨てられない「迷い中の服」は、期間を決めて保管しておくのがおすすめです。

 

例えば1年間保管しておくと決めます。その間に着る機会が何度かあった服は、「捨てない服」に格上げすると良いですね。

 

でも1年間全く着ることがなかった服は、1年後に「捨てる服」に格下げしましょう。

 

ポイントは、クローゼットやチェストに戻さずに他の場所で保管することです。

 

クローゼットやチェストの服と一緒にしてしまうと、また服が増えて片付けにくくなってしまいます。

 

「迷い中の服」の収納におすすめはチャック付きの布製ケース。100円ショップやホームセンターで数百円で買うことができます。

 

紙ケースだと壊れやすく、プラスチックケースだと使わなくなった時に邪魔になりますが、布ケースだと頑丈で、折り畳んでおくこともできるので使い勝手が良いですよ。

 

「迷い中の服」を入れたケースに「2022年4月まで保管」などのラベルを貼っておいて、その時期が来たら、「捨てない服」「捨てる服」に分類してください。

 

ステップ5:捨てる

 

「捨てない服」「迷い中の服」の収納が終わったら、いよいよ捨てる服の処分です。

 

ゴミ袋に入れた「捨てる服」は、また全てゴミ袋から出してください。

 

もちろんそのままゴミ袋に入れて捨てても良いのですが、まだ状態の良い服を捨てるのはちょっと勿体ないですよね。

 

まだ使える服があれば、買取サービスを利用するのがおすすめ。

 

全ての服をチェックして、本当に捨てる服と、売る服に分類しましょう。

 

でも「買取サービスって店舗に持ち込んだり、査定に来てもらうのが面倒そう…」と思うかもしれませんね。

 

そんな方は、宅配買取サービスが便利ですよ。

 

宅配買取は、申し込みをすると段ボールが送られてきて、その中に売りたい服を入れて発送するだけ。あとは査定額がメールで送られてくるのを待つだけという非常に簡単システムなんです。

 

当サイトおすすめの「ティファナ」という買取サービスをご紹介しましょう。

 

tifana -ティファナ-

ティファナ
(出典:tifana)

 

>>>tifana -ティファナ-(詳細はこちら)

 

宅配買取サービスは便利ですが、対面接客を受けるわけではないので、どんな会社が運営しているのかちょっと不安になりますよね。

 

ティファナは宅配買取だけでなく、出張買取、店頭買取も行っています。都内14店舗、埼玉1店舗を構えていて、店舗の評判もなかなか良いんです。

 

しかも、20年の実績もあるので、安心できる買取サービスと言えますね。

 

さらに、おすすめのポイントは、ノーブランドやプチプラブランドでも買い取ってもらえること。

 

他の買取サービスの場合、ブランド服は高価買取に力を入れていても、なかなか安い服の買取はしてくれないサービスが多いです。

 

ティファナはハイブランドじゃない服も買取対象のものが多いので、幅広い服を売ることができるでしょう。

 

公式サイトに寄せられている口コミを見ると「ノーブランドでも買い取ってもらえました!」という内容のコメントがあり、実際にノーブランド買取OKなことがわかります。
す。

 

ただし、全てのブランド服がOKなわけではありません。

 

公式サイトから取り扱いブランド一覧がチェックできますので、興味がある方はチェックしてみてくださいね。

 

※現在ノーブランド服の買取は行っていないようですが、ブランド品買取は好評です

 

服の片付け方法まとめ

 

ここまで、服の片付けが苦手な人に向けた、服の片付け方法をご紹介してきました。

 

改めて以下5ステップをご覧ください。

  1. ステップ1:全ての服を出す
  2. ステップ2:分類する
  3. ステップ3:「捨てない服」を収納する
  4. ステップ4:「迷い中の服」を保管する
  5. ステップ5:「捨てる服」は買取サービスを利用する

「片付け方がわからない」「服が多い」「服を畳むのが面倒」「片付けてもキレイにならない」という方でも、この5ステップならスムーズに服の片付けができるでしょう。
しかし、この方法には一つ注意点があります。

 

それは、持続しないと意味がないということ。

 

この5ステップをすれば、一旦きれいに服を片付けることはできます。

 

でも、今までと同じ方法で服を管理していたら、すぐにまた服が増えてしまい「やっぱり片付けが苦手…」という状況に戻ってしまうのです。

 

そこで次の章では、服の片付けを維持する方法をご紹介したいと思います。

 

服の片付けを維持する方法

服の片付けを維持する方法

 

服の片付け上手になるためには、きれいに片付いた状態を維持することがとても大切です。

 

そのためには、「きれいな状態を写真に撮っておく」「服を増やさない」「洋服はレンタルする」が効果的。

 

詳しく解説してきましょう。

 

きれいな状態の写真を撮っておく

 

せっかくきれいに片付けたのに、すぐにまた散らかってしまい「きれいに片付いていたのが嘘のよう…」ということがありますよね。

 

一度散らかってしまうと、どう片付ければ元の状態に戻るのかわからなくなってしまいます。

 

そこできれいに片付けたら必ず写真を撮っておきましょう。

 

そうすれば、もし散らかってしまっても、写真を見て元の状態に戻すことができますよね。

 

しかし、写真を見てきれいな状態に戻そうと思っても、服の数が増えていると片付けるのは難しくなってしまいます。

 

きれいに片付けをしたら、同時に服を増やさないルールも決めると良いでしょう。

 

服を増やさない

 

どんなにきれいに片付けられても、その後、服が増えてしまうとまた片付けは困難になり、きれいな状態が維持できなくなるでしょう。

 

シンプルでおすすめの方法は、「1着買ったら1着捨てるルール」です。

 

これで服を増やさない努力をしてきましょう。

 

収納の基本は、スペースに対して8割程度が理想です。

 

8割以内におさえることを目安に服を増やさない努力をしていきましょう。

 

でも、おしゃれ好きな人にとって、新作の服を買えないのはとてもストレスが溜まることです。

 

きれいに片付けるためであっても、おしゃれを我慢するのは嫌ですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、洋服をレンタルするという方法です。

 

洋服レンタルを利用する

 

最近は、服は買うだけでなく「レンタルする」人が増えています。

 

月額料金を払い、毎月数着の服をレンタルするサブスクサービスが人気を集めているんです。

 

洋服レンタルの魅力は、手持ちの服をぐんと減らせること。毎月色々な服をレンタルして着ることができるので、ベーシックな服だけ持っていれば十分おしゃれを楽しむことができるのです。

 

洋服レンタルを利用すれば、もうクローゼットやチェストに服が溢れることはありません。

 

片付けが苦手な人にピッタリのサービスなんです。

 

当サイトがおすすめする洋服レンタル「エアークローゼット」をご紹介しましょう。

 

おすすめは「エアークローゼット」

エアークローゼット

画像出典:エアークローゼット https://www.air-closet.com/

 

>>>エアークローゼット(詳細はこちら)

 

30万着以上の定番服からトレンド服まで幅広いアイテムから、あなたにピッタリの服が届く洋服レンタルサービスです。

 

登録時に好みやサイズを登録しておくと、その情報をもとに、プロのスタイリストがあなたに合った服を選んで送ってくれるという至れり尽くせりのサービスなんです。

 

BEAMS、SHIPS、UNITED ARROWS、INDIVIなどの人気ブランドから、知る人ぞ知るちょっとマイナーなブランドまで幅広く扱っているので飽きることはありません。

 

手持ちの服が少なくても、思い切りおしゃれを楽しむことができるでしょう。

 

基本プランは月額10,780円(税込)。1回3着レンタルすることができて、すぐに返却するサイクルなら1ヵ月12着ほど着ることもできます。

 

定価1万円前後の服が送られてくるので、毎月12万円ほどの服を着れることになりますね。

 

コスパ抜群です。

 

InstagramやTwitterなどのSNS上でエアークローゼットを検索すると、何百ものエアークローゼットユーザーの投稿を見つけられるのですが、「エアークローゼットを利用してから服を買わなくなった」「エアークローゼットでレンタルするので、クローゼットの服はスッキリ」など、少ない手持ち服とエアークローゼットの服でおしゃれを楽しんでいる方が多いことがわかります。

 

自分で借りる服を選ぶわけではないので、気に入らない服が送られてくることもある、毎月一定のお金がかかる等のデメリットもありますが、少ない手持ち服でおしゃれを楽しみたい人にはメリットが多いサービスと言えます。

 

洋服が多い人は片付け5ステップと洋服レンタルがおすすめ

 

今回は、服の片付けが苦手な人に向けて、片付け方法を考えてきました。

 

片付けが苦手な理由は「片付け方がわからない」「服が多い」「服を畳むのが面倒」「片付けてもキレイにならない」などが考えられます。

 

これを改善するためには、片付け5ステップが効果的です。

  1. ステップ1:全ての服を出す
  2. ステップ2:分類する
  3. ステップ3:「捨てない服」を収納する
  4. ステップ4:「迷い中の服」を保管する
  5. ステップ5:「捨てる服」は買取サービスを利用する

これを実践すれば意外と簡単に片付けることができます。

 

そして、その状態を保つためには、服を増やさないことが重要。

 

洋服レンタルなら、少ない服でもレンタルしておしゃれを楽しむことができるので、おすすめの方法です。

 

おすすめページ

 

洋服レンタルおすすめ7選!

洋服レンタル7選

洋服選びは女性の楽しみの一つですが、流行りやセンス、サイクルも早いため、失敗する事多く折角のおしゃれが苦い経験になる事も。そしておしゃれ=費用もかかります。そこで今、注目を浴びているサービスが洋服レンタル。プロがコーディネートしてくれたり月額料金で費用が抑えられたり色々なブランドや洋服が試せたりとメリットが多いのが特徴。今では多くの洋服レンタルサービスがあり、迷ってしまう事もあるのではないでしょか。そこで当サイトが口コミ評判あらゆる特徴を比較し、詳細をまとめ、自分に合う洋服レンタルが簡単にみつけられるようにしました。オススメ7選としランキング形式で紹介していますのでは要チェック!