洋服が好きな人の心理!欲しくなり買いすぎる女性の特徴!

洋服が好きな人の心理!欲しくなり買いすぎる女性の特徴!

 

洋服が好き、おしゃれが好きなことは大変良いことです。

 

でも、服ばかり買っていて家計のやりくりが大変になったり、クローゼットやチェストに入りきらないほどの服を買うのは問題ですね。

 

服が好きな女性は、「純粋にファッションが好き」だけではない心理が働いていることがあるのです。

 

今回は服が欲しくなる心理、服を買いすぎる心理について考えていきたいと思います。

 

服が欲しくなる人は「新しいものに魅力を感じる」「毎日違う服を着るのがおしゃれだと思っている」「服を自慢したいと思っている」「飽きやすい」「おしゃれセンスがないと思っている」心理が働く傾向にあります。

 

服ばかり買う女性は「服は簡単に買えると思っている」「買い物が楽しいと思っている」心理が働くことが多いのです。

 

このような心理から、おしゃれを楽しみながらも、服を買いすぎない方法を考えていきたいと思います。

 

 

洋服が好きな人の心理

洋服が好きな人の心理

 

洋服が好きな人は多いでしょう。服が嫌い、おしゃれをするのが嫌いという人のほうが少ないかもしれませんね。

 

服が好きなことは自然な事と言えます。

 

でも、服が好きで、服が極端に多い人は、純粋にファッションが好きなのではなく、何か偏った考え方があるのかもしれません。

 

そこで、当サイトは「服が欲しくなる心理」「服を買いすぎる心理」について徹底リサーチをしました。

 

当サイト独自の見解に加えて、人気ファッション雑誌や大手新聞社の情報、Yahoo!ニュース、Yahoo!知恵袋、さらに節約系ブロガーの情報など、信憑性の高い情報を精査しています。

 

その結果、服が欲しくなる人は「新しいものに魅力を感じる」「毎日違う服を着るのがおしゃれだと思っている」「服を自慢したいと思っている」「飽きやすい」心理が働くことがわかりました。

 

服を買いすぎる人は「服は簡単に買えると思っている」「買い物が楽しいと思っている」心理が働いているのでしょう。

 

それぞれの心理について詳しく解説していきたいと思います。

 

服が欲しくなる心理

 

服が好きで、服がどんどん増えてしまう人は、以下のような服が欲しくなる心理が働く傾向にあります。

 

新しいものに魅力を感じる

 

服が欲しくなる人は、服に限らず新しいものに魅力を感じる心理が働いているのです。

 

何事にも好奇心旺盛な方は、どんどん服が欲しくなる傾向にあります。

 

服が好きというよりも、新しい服が好きなのです。

 

トレンド服を追い続けていないと不安になる人も多いでしょう。

 

服のトレンドはシーズンごと変わりますよね。だから、いつも新しい服を求めて買い続けてしまうのです。

 

新しい服を手に入れても、また次の服が欲しくなってしまうので、服は増え続けてしまうしょう。

 

毎日違う服を着るのがおしゃれだと思っている

 

服が欲しくなる人は、毎日違う服を着ることがおしゃれだという心理が働く傾向にあります。

 

「毎日同じ服を着ている=おしゃれではない」という気持ちが強く、毎日同じような服を着ていると思われることを嫌がります。

 

だから、少ないアイテムで同じようなコーデを着回すことはなく、多くのアイテムで毎日違う雰囲気のコーデをするのです。

 

服が好きというだけでなく、毎日違う服を着るのが好きということですね。

 

服を自慢したいと思っている

 

服が欲しくなる人は、服を自慢したいと思っている人が多いです。

 

「人に褒められる服=好きな服」になっているのですね。

 

見栄っ張りな人、ないものねだりな人は、どんどん服が欲しくなる傾向にあります。

 

「もっと褒められる服が欲しい」「もっと自慢できる服が欲しい」という気持ちが強いので、今ある服で満足できずに、また新しい服を買ってしまうのです。

 

自分が好きな服ではなく、他人の評価を考えて服を選んでいるので、何着買っても満足できる服が少ないという難点もあります。

 

だから、いつも満たされずに服を買い続けてしまうのです。

 

飽きやすい

 

服が欲しくなる人は、飽きやすい傾向にあります。

 

服は好きだけど、1つの服とじっくり付き合うことは苦手で、すぐに新しい服が欲しくなってしまうのです。

 

しかも、ただ飽きっぽいのではなく、熱しやすく冷めやすい人が多く、「どうしても欲しい!」と思ったら後のことを考えずに買ってしまいます。

 

そして、すごく欲しくて買った服にも関わらず、すぐに飽きてしまい、また次の服を探してしまいます。

 

クローゼットの中には、数回しか着ていない服がたくさんあるでしょう。

 

おしゃれセンスがないと思っている

 

服が欲しくなる人は、服は好きだけど、おしゃれには自信がない…という方が多い傾向にあります。

 

おしゃれセンスがないという心理が働いているので、無駄に服を欲してしまうのです。

 

クローゼットにたくさん服があっても「おしゃれなコーデができないということは、もっと服が必要なんだ」とどんどん服を増やしてしまいます。

 

おしゃれな人は、少なくてもお気に入りの服だけを持っているので、満足できるコーデをすることができるのです。

 

おしゃれに自信がない人は、自分のスタイルが確立できていないので、どんなに服が多くても満足できないでしょう。

 

おしゃれに自信がある人は、本当に好きな服、似合う服がわかっています。そのような服はそれほど多くありません。

 

服が多すぎるとかえって自分らしさがなくなりおしゃれセンスがブレてしまうのです。

 

おしゃれに自信がない人は、自分が本当に好きな服や似合う服がわからないので、どんどん服を増やして迷走してしまうのですね。

 

服を買いすぎる心理

 

次に、服を買いすぎる心理について考えていきましょう。

 

服が好きで、服がどんどん増えてしまう人は、以下のような服を買いすぎる心理が働く傾向にあります。

 

服は簡単に買えると思っている

 

服ばかり買う女性は、服が好きという心理に加えて「服は簡単に買える」という心理が働いているから、買いすぎる傾向にあるのです。

 

一昔前は、服を買う時は、百貨店などの店舗に足を運んで、現金で買うのが主流でした。

 

服を買いたくても「服を買いに行く時間がないから買えない」「給料日前でお金がないから買えない」などの事情から、服を買うハードルは今より高かったでしょう。

 

しかし今は、スマホやパソコンでいつでも簡単に服が買える時代です。

 

給料日前でお金がなくてもクレジットカードがあれば買うことができます。

 

だから服は簡単に変えるものと思う人は非常に多いのです。

 

服を買う環境が変わらない限りは、服を買いすぎてしまうでしょう。

 

買い物が楽しいと思っている

 

服を買いすぎる人は、服が好きというよりも、買い物が楽しいという心理が働いている場合があります。

 

「服を買わないとストレスが溜まる」という方は買い物をするプロセスが好きなのです。

 

色々なお店を回り、店員さんに服を見立ててもらったり、雑誌で見たトレンド服を試着してみたり…と、ショッピングすることが娯楽となっています。

 

服が好きな人なら尚更、ショッピングはとても楽しいですよね。

 

でも、服が必要だから買い物に行くのではなく、楽しいから買い物に行くと、どうしても無駄な服を買うことになります。

 

ストレスが溜まる買い物へ行き散財してしまい、その事に後悔してストレスが溜まり、また買い物へ行く…という悪循環に陥ってしまうでしょう。

 

洋服が好きな人の心理まとめ

 

ここまで、洋服が好きな人の心理についてまとめてきました。

 

まとめると以下になります。

 

服が欲しくなる心理 ・新しいものに魅力を感じる
・毎日違う服を着るのがおしゃれだと思っている
・服を自慢したいと思っている
・飽きやすい
・おしゃれセンスがないと思っている
服を買いすぎる心理 ・服は簡単に買えると思っている
・買い物が楽しいと思っている

 

このように、服が好きで、服が極端に多い人は、純粋にファッションが好きなのではなく、服が欲しくなる心理、服を買いすぎる心理が働いていることが多いのです。

 

純粋に服が好きで服が増えるなら、どんどんおしゃれになっていくでしょう。

 

でも、このような心理により服が増えているだけなら、無駄に気に入らない服を増やしてしまい、おしゃれの質を下げてしまうかもしれません。

 

服代がかかりすぎて家計が苦しくなる心配もありますね。

 

次の章では、この結果を踏まえて、服を買いすぎない方法を考えていきたいと思います。

 

服を買いすぎない方法

服を買いすぎない方法

 

服が好きな人は、服が欲しくなる心理、服を買いすぎる心理により、無駄に服が多くなる傾向にあります。

 

その状態が続いていると、せっかくたくさん服を買ってもおしゃれ度は上がらないでしょう。

 

服を買いすぎないためには、上の章で解説してきたような「服が欲しくなる心理」「服を買いすぎる心理」を自覚することが大切です。

 

「自分が好きな服じゃなく友達に自慢できる服を選んでいるかも。自分が好きなことを基準に服を買おう」などと意識を変えることで、服を買いすぎない人になれるでしょう。

 

でも、「服が欲しくなる心理」「服を買いすぎる心理」は無意識のうちに働いているものなので、ただ意識を変えようと思ってもなかなか難しいかもしれません。

 

そこでおすすめしたいのが、「断捨離をする」「洋服レンタルサービスを利用する」ことです。

 

これをすることで、心理的な服の買いすぎを減らすことができるでしょう。

 

詳しくご説明していきますね。

 

断捨離をする

 

「断捨離して服が少なくなったら、またすぐに新しい服が欲しくなってしまうから意味がない」と思うかもしれませんね。

 

断捨離とはただ服を捨てるだけではありません。

 

断捨離の目的は、不要なものは潔く捨てることで、本当に必要なものだけに囲まれて質の高い生活が送ろうということです。

 

物が減ることで、無駄な時間と無駄な買い物が減る効果が期待できるのです。

 

断捨離のために、必要な服、不要な服を仕分けると、予想以上に不要な服が多いことに気付くでしょう。

 

「こんなに不要な服を無駄に買っていたんだ…」ということがわかるので、服を買う時には「本当にこの服は必要?」と考えてから購入することになります。

 

服を買いすぎる心理である「服は簡単に買えると思っている」「買い物が楽しいと思っている」を解消することができるでしょう。

 

また無駄な買い物をしないように、「通販で買い物するのはやめよう」「買い物に行くのは控えよう」と考えられるようになりますね。

 

また、断捨離をするとお気に入りの服だけを残すことになるので、クローゼットの中は1軍の服ばかりになります。

 

服が欲しくなる心理である「おしゃれセンスがないと思っている」を軽減することができるでしょう。

 

少ない服でも満足度が高く、納得できるコーデばかりできるので、服が欲しくなる衝動はかなり減るはずです。

 

また断捨離をするとクローゼットやチェストの中がとてもスッキリするでしょう。

 

その整頓された状態を維持しようという気持ちが強くなるので無駄に服を買わなくなるメリットもあります。

 

断捨離をする時には、捨てる基準をハッキリさせてから作業するのがポイントです。

 

具体的には、以下のような基準で捨てる服、捨てない服を決めるとスムーズでしょう。

 

残す服 捨てる服
頻繁に着ている服 買ったけど一度も着てない服
サイズ感が良い服 いつ着るかわからない服
長く使える丈夫な素材の服 高かったから捨てられずにいる服
着回しやすい服 年齢的に合わなくなった服
飽きないベーシックな服 ダメージのある服

 

これを目安に残す服、捨てる服を仕分けてください。

 

具体的には、1アイテム5〜10着を目安に残す服を決めると良いでしょう。

 

服を買いすぎないために、メリットの多い断捨離ですが、一つデメリットがあります。

 

それは、捨てる服の処分に困るということです。

 

断捨離をすると予想以上にたくさんの服が不要になるでしょう。

 

でも、大量の服を捨てるのは勿体ないですよね。だからといってリサイクルショップに持っていくのも大変です。

 

そこでおすすめは、宅配買取サービスを利用する方法。簡単に不要な服を処分することができて、予想外の買取額になるかもしれません。

 

当サイトがおすすめする買取サービスのティファナをご紹介しましょう。

 

tifana -ティファナ-

ティファナ
(出典:tifana)

 

>>>tifana -ティファナ-(詳細はこちら)

 

20年の実績があり「ヒルナンデス」などのメディアで紹介されることも多い安心の買取サービス「ティファナ」。

 

店舗買取、出張買取、宅配買取の3つの買取方法が選べるのが特徴。

 

店舗買取、出張買取は関東など一部のエリアに限定されていますが、宅配買取ならエリアを気にせず利用することができて便利ですね。

 

店舗を構えている買取サービスという安心感もあります。

 

ティファナをおすすめする理由は、この実績と安心だけではありません。

 

ノーブランドやプチプラブランドの服も買取OKということです。

 

一般的な買取サービスはブランド服のみで、ノーブランドの服は買取不可となっています。

 

でも、断捨離をする服はブランド服よりもノーブランドやプチプラブランドの服のほうが多いでしょう。

 

そんな服をまとめて査定してもらえるのがティファナのメリットなんです。

 

しかし、5年以上前に購入した服は買取不可というデメリットもあります。古い服はブランド服でも買取NGなので気を付けてくださいね。

 

ティファナの公式サイトの口コミを見ると「ノーブランドの服も金額がついて良かった」「ブランドの服を高く買い取ってもらえた」など、実際に満足の買取額が提示されていることがわかります。

 

利用方法はとても簡単。申し込みをすると段ボールが届くので、その中に買取してほしい服を積めて送るだけです。

 

買取額に満足できない場合は、もちろん断ってもOK。

 

査定料などはかからない無料サービスなので気軽に利用することができますよ。

 

気になる方は、公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

※現在ノーブランド服の買取は行っていないようですが、ブランド品買取は好評です

 

洋服レンタルを利用する

 

ここまで断捨離することで服の買いすぎをおさえる方法をご紹介してきました。

 

次にご紹介する方法は、服が欲しくなる心理をおさえることが期待できる「洋服レンタルを利用する」方法です。

 

洋服レンタルは2つのタイプがあります。

 

1つは、結婚式などに1回だけレンタルするタイプ。もう1つは、オフィスやプライベートで普段使いする服を月額料金を支払って毎月レンタルするタイプです。

 

ここでおすすめするのは後者の月額制の洋服レンタル。さらに、レンタルする服を選んでもらえるスタイリスト付きのサービスです。

 

服が欲しくなる心理は以下5つであるとご説明してきました。

 

スタイリスト付きの月額制度洋服レンタルを利用すれば、これらの事がまとめて解消されえるでしょう。

  • 新しいものに魅力を感じる
  • 毎日違う服を着るのがおしゃれだと思っている
  • 服を自慢したいと思っている
  • 飽きやすい
  • おしゃれセンスがないと思っている

毎月新しい服が送られてくるので、新しいものに魅力を感じる人でも満足できるでしょう。

 

借り放題のサービスなら、毎月10着以上の服をレンタルすることもできるので、手持ちの服と合わせれば、毎日違うコーデをすることもできますね。

 

洋服レンタルなら買うのは高いから諦めているブランド服を借りることができます。服を自慢したい人にも嬉しいサービスと言えます。

 

飽きやすい人でも、すぐに返却してまた次の服が借りれるので便利。

 

さらに、スタイリストが選んでくれるので、おしゃれセンスに自信がない人にも堂々と着こなすことができますね。

 

このように服が欲しくなる気持ちをぐっとおさえてくれる洋服サービスですが、様々なサービスがあるので、慎重に選ぶ必要があります。

 

当サイトがおすすめするのは、エアークローゼット。

 

服を増やさずにおしゃれを楽しめる最適なサービスとなっています。

 

エアークローゼット

エアークローゼット

画像出典:エアークローゼット https://www.air-closet.com/

 

>>>エアークローゼット(詳細はこちら)

 

BEAMS、SHIPS、UNITED ARROWS、INDIVIなど、大人カジュアルブランド300以上を取り扱うエアークローゼット。

 

職場でもプライベートでも使い勝手の良い服がレンタルできると非常に評判の良い洋服レンタルです。

 

基本プランの月額料金は10,780円(税込)。

 

毎月1万円も服代をかけていない人にはちょっとお高いサービスですが、毎月1万円以上の服を買っている人にはコスパ抜群と言えます。

 

1回にレンタルできる服は3着で、何回借りてもOKの借り放題サービスです。

 

1回だけ着てすぐ返却すれば、1ヵ月4回、合計12枚もの服を借りることができます。

 

エアークローゼットを利用すれば、もう服が欲しい、服を買いたいという欲求がなくなりますね。

 

さらに、エアークローゼットのスタイリストはとても腕が良いプロフェッショナル揃いというメリットもあります。

 

細かくリクエストをしたり、着こなしコーデを教えてもらうことができるので、おしゃれに自信がない人にもピッタリ。

 

少ない服でも、エアークローゼットを利用すれば、確実におしゃれ度はアップしますね。

 

InstagramやTwitterなどのSNS上では、毎日のようにエアークローゼットユーザーの投稿を見ることができます。

 

その口コミを見ると「エアークローゼットを利用してから服を買う必要がなくなった」「ミニマリストでも、エアークローゼットがあれば様々なコーデを楽しめる」などの声が目立ちます。
手持ちの服は最小限にして、トレンド服や挑戦したい服はエアークローゼットで取り入れている方が多いことがわかりますね。

 

エアークローゼットは、契約期間に縛りはありません。気に入らない時は1ヵ月で解約することもできますので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

欲しくなり買いすぎる女性の特徴を知り、少ない服でおしゃれを楽しみましょう

 

今回は、洋服が好きな人の心理と、買いすぎないための方法について考えてきました。
服が好きな人、服が多い人の特徴は、純粋に服が好きなのではなく、服が欲しくなる心理、服を買いすぎる心理が働いていることが多いです。

 

服が欲しくなる人は「新しいものに魅力を感じる」「毎日違う服を着るのがおしゃれだと思っている」「服を自慢したいと思っている」「飽きやすい」「おしゃれセンスがないと思っている」心理により、服を増やしてしまうのです。

 

服ばかり買う女性は「服は簡単に買えると思っている」「買い物が楽しいと思っている」心理により、無駄な買い物が増えてしまうのでしょう。

 

まず、この心理的な理由して考えてを変えていくことが大事。

 

具体的には「断捨離をする」「洋服レンタルサービスを利用する」ことで、さらにマインドセットを変えていくことができるでしょう。

 

これにより少ない服でも今以上のおしゃれを楽しめるようになるはずです。ここまで★ -->

 

おすすめページ

 

洋服レンタルおすすめ7選!

洋服レンタル7選

洋服選びは女性の楽しみの一つですが、流行りやセンス、サイクルも早いため、失敗する事多く折角のおしゃれが苦い経験になる事も。そしておしゃれ=費用もかかります。そこで今、注目を浴びているサービスが洋服レンタル。プロがコーディネートしてくれたり月額料金で費用が抑えられたり色々なブランドや洋服が試せたりとメリットが多いのが特徴。今では多くの洋服レンタルサービスがあり、迷ってしまう事もあるのではないでしょか。そこで当サイトが口コミ評判あらゆる特徴を比較し、詳細をまとめ、自分に合う洋服レンタルが簡単にみつけられるようにしました。オススメ7選としランキング形式で紹介していますのでは要チェック!