洋服はデリケート!洗濯頻度や表示を意識した傷まない上手なやり方を伝授!

洋服はデリケート!洗濯頻度や表示を意識した傷まない上手なやり方を伝授!

 

洋服がすぐに毛玉になったり、縮んでしまう…という方は、洗濯のやり方に問題があるのかもしれません。洋服はとてもデリケートなものです。何も考えずに洗濯していると、すぐに傷んで2軍の服に格下げになってしまうでしょう。
今回は洗濯頻度や洗濯表示を意識した洋服が傷まない上手なやり方をご紹介したいと思います。

 

 

正しい洗濯頻度は?

正しい洗濯頻度

 

「ニットは一度着たら洗うべき?」「パジャマは毎日洗う?」など、洗濯頻度ってなかなか聞けないものです。自分では当たり前と思っていた洗濯頻度が他の人には多すぎ、少なすぎということがあります。
正しい洗濯頻度の基準はあるのでしょうか?
実は、清潔意識によって洗濯頻度は違ってくるので正しい洗濯頻度はありません。
しかしどんな服にも共通して言えることは、洗えば洗うほど服は傷んでくるということです。だから、頻繁に洗えば良いと言うのではなく、必要に応じて洗うことが大切です。
そのためにおすすめしたいのは、洋服を2つのグループに分類して洗濯頻度を決める方法です。

 

直接肌に触れるものは毎日洗う

肌着やTシャツなど、直接肌に触れるものは皮脂や汗がつくので必ず汚れます。その汚れがついたままの状態で着ると不衛生という問題もあるのですが、汚れが蓄積してとれにくくなるという問題もあります
だから、直接肌に触れる洋服は1日着たら洗うようにしましょう。
そのため、直接肌に触れる洋服は毎日の洗濯に耐えられるように丈夫なものを選ぶことが大切です。乾きやすい素材のものだとさらに良いですね。毎日のお洗濯を考えて機能性重視で選びましょう。

 

直接肌に触れないものは毎日洗わなくても大丈夫

ニットやカーディガンなど、直接肌に触れないものは毎日洗う必要はないでしょう。皮脂や汗の汚れはそれほどつかないので、汚れや臭いが気にならない場合には数回着てから洗ってOKです。
ワンピースやスカートなどのおしゃれ着も傷みやすいので、1回着ただけで洗わないほうが良いでしょう。

 

洋服を洗う目的は、汚れや臭いをとって清潔な状態にすることです。しかし、そのために頻繁に洗ってしまうと、洋服の寿命を縮めてしまうことになります。清潔な状態を保ちつつも洗いすぎには注意したいですね。

 

 

洋服が傷まない上手なやり方は?

デリケートな服を必要以上に洗うことは避けたいもの。でも洋服が傷まない上手なやり方をすることで、頻繁に洗っても長持ちさせることができます。
そのためには、ただ洗濯機に洋服をポンと入れて洗うのではなく、以下のような4ステップを意識することが必要です。洋服のダメージを最小限にすることができるでしょう。

 

 

洗濯表示の確認する

洗濯表示の確認する

 

洗濯表示を見ないで洗濯している方は多いと思います。でも「なんとなくこの服なら洗濯機で洗えそう」と思って洗うのはキケンです。
新しい服を洗う時には、まず洗濯表示を確認しましょう。
洗濯表示とは、その服の「洗い方」「漂白」「干し方」「アイロン」「クリーニング」の5つについて絵や記号で示したものです。この表示に反した洗濯をしてしまうと、洋服を傷めることになってしまいます。
5つの表記について詳しくご説明しましょう。

 

洗い方

家庭での洗い方についての表示です。洗濯機OK?手洗いならOK?家庭では洗濯NG?かがわかります。さらに液温や洗濯の強弱について示しています。
この指示に従わずに洗ってしまうと、洋服を傷めてしまうのです。

 

漂白

シミや汚れなどを落とす時に使う漂白剤はとても便利です。でもその洋服に使っても良い漂白剤とダメな漂白剤があります。それを示しているのが漂白剤表示です。
酸素系漂白剤、塩素系漂白剤が使用できるかどうかを確認しましょう。

 

干し方

乾燥機が使えるか、さらに干し方について示しているのが干し方表示です。脱水を行った後に干すのか、脱水を行わずに干すのか?つり干し、平干しなどの干し方について詳しく表示されています。
いつも服がのびてしまったり、シワになりやすい場合は、干し方に問題があるのかもしれません。洗い方と同じように干し方は重要です。干し方表示をしっかり確認して、洋服の良い状態を維持していきましょう。

 

アイロン

アイロンのかけ方について示しているのがアイロン表示です。底面温度についても表記、アイロン不可の表記があります。アイロンかけを間違えてしまうと、服はあっとういう間に傷んでしまい元に戻りません。アイロンをかける際にはアイロン表示を必ずチェックしましょう。

 

クリーニング

クリーニング業者がクリーニングをする時の方法を示しています。ドライクリーニング、ウェットクリーニングについて指示されているものです。
クリーニング店の人はこの表示を確認して洗濯方法を決めています。

 

洗濯表記って面倒そう、難しそうと思う方もいるでしょう。このように5つの表記があるということを覚えておくとシンプルに理解できると思います。
この洗濯表記に従った洗濯方法を選びましょう。

 

 

準備をする

準備をする

 

洗濯表記を確認して洗濯方法が決まったら、準備をします。
準備するポイントは3つです。

 

シミ抜き

シミや汚れがある場合は、水と洗剤を含ませたブラシで擦っておきましょう。洗濯機で洗う前に前処理することで、しっかり汚れを落とすことができます。シミの部分を擦り合わせてシミ抜きをしようとする方もいますが、生地を傷めてしまいます。ブラシを使うと生地へのダメージをおさえながらも、しっかり汚れを浮かせることができるのでおすすめです。

 

ボタンやファスナーをしめる

カーディガンのボタンや、パーカーのファスナーなどはきちんとしめてから洗濯機に入れましょう。こうすることで、必要以上に洋服が絡み合うことがなくなります。型崩れしないというメリットもあります。

 

ネットに入れる

デリケートな服は必ずネットに入れてから洗濯機にいれましょう。畳んでネットに入れる時には、汚れた部分が上になるように畳むのが効果的です。

 

 

洗う

洗う

 

洗濯表示を確認し、準備が終わったら洗濯機に入れて洗いましょう。
上手に洗うコツは洗濯ものを洗濯機にギュウギュウに入れないこと。洗濯機に入れる量は、洗濯槽の約7割の量が良いとされています。
たくさんの洗濯ものがあっても、一回で洗いたくなってしまいます。でも、洋服を長持ちさせるためには、数回にわけて洗うようにしたいですね。

 

 

干す

干す

 

たくさんの洗濯をすると、干すのが大変です。だから適当な干し方になってしまいがちです。でも洋服は最後の干し方によって仕上がりの良さが変わります。
まず大切なのはシワをしっかり伸ばしてから干すことです。
洗濯表示に従ってつり干しot平置きが良いのかを確認してから干します。

 

このような4ステップを意識するだけで、きっと洗濯上手なれるはずです。洋服が傷まない上手なやり方をマスターすることができるので、大切な洋服を長持ちさせることができるでしょう。

 

 

デリケートな洋服はどうやって洗濯したら良いの?

デリケートな洋服はどうやって洗濯したら良いの
洋服が傷まない洗濯方法についてご説明してきました。
しかし、装飾のついたワンピース、ニット、シフォンのスカートなど、デリケートな服の場合にはもっと注意して洗う必要があります。
デリケートな服の洗濯表示には、基本的に洗濯機ではなく手洗いをするように書いてあるはずです。しかし、手洗いであればどんな洗い方でも良いわけではありません。
以下のような手洗い方法を心掛けることで、デリケートな服を傷めずに洗うことができます。

 

つけこみ洗い

シミや汚れがある時には、つけこみ洗いをすると洋服へダメージがとても少なくなります。
水に洗剤を入れて薄めたものに洋服を一晩つけておいてから、手洗いするようにしましょう。

 

ふり洗い

洋服への負担を減らすためには、ふり洗いがおすすめです。
大き目の桶などに水と洗剤を入れたら、洋服を入れて降りながら汚れを落としていくのです。
洋服の真ん中をつまんで、上下左右に動かして洗っていきます。こうすることで洋服への負担をおさえながら、汚れがとれやすくなります。

 

押し洗い

デリケートな服を傷めず、でもしっかり汚れを落とすためには押し洗いが効果的です。
桶に水と洗剤を入れたら、洋服をやさしくギューッと押しながら汚れをとっていきます。すすぐ時にも同じように洋服を押しながらすると良いでしょう。

 

デリケートな服を手洗いする場合には、揉んだりこすり合わせるのは洋服に負担がかかってしまうのでNGです。上記のような方法で丁寧に洗うことで、デリケートな洋服でも長く着ることができるでしょう。

 

 

新品の洋服は洗ったほうが良いの?

新品の洋服は洗ったほうが良いの

 

みなさん、買ってきたばかりの新品の服は洗ってから着ていますか?
買ったばかりなのでキレイに決まっていると思い、そのまま使用する方がほとんどだと思います。
ところが、新品の洋服は意外と汚れています。お店のほこりやゴミが付着しているので、一度洗ってから着るのがおすすめです。
しっかりきれいに洗ってパリッと乾かしてから着るようにしましょう。
ニットやスカートだけでなく、インナーや靴下など、直接肌に触れるものは特に、洗濯してから着用すると気持ちが良いです。

 

 

洋服レンタルを利用するという選択肢も!

洋服レンタル

 

洗濯頻度や表示を意識した傷まない上手なやり方、洗濯テクについてご説明してきました。
洋服はデリケートな素材でできたものです。だから、タオルなどを洗うようにはいきません。洗濯表記をしっかり理解して洋服を傷めないようにすること、デリケートな洋服は他の洋服とは別の洗い方をするなど、様々な工夫が必要です。さらに新品買った服も実は汚れているのでしっかり洗ってから着ることも大切なのです。
でも、このような洗濯が面倒、大変と感じる方もいると思います。仕事に子育てに忙しい方は、洋服1着1着を丁寧に洗うのはストレスになってしまうかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが「洋服レンタルサービス」です。
洋服をレンタルできるサービスなのですが、返却する時にクリーニングする必要がないという大きなメリットがあります。
おしゃれ着がほしくても、洗濯やクリーニングが面倒だと躊躇してしまうものです。
洋服レンタルなら、デリケートな服であってもそのまま洗わずに返却することができます。だから、レースがついたトップスや、シフォンスカートなど、デリケートな服も安心してレンタルして着ることができます。
洗濯のことを気にせずに、様々な洋服を楽しみたいという方には、洋服レンタルという選択肢も考えてみてください。

 

 

洋服にはそれぞれに適した洗濯方法があります。まず、その正しい洗い方をマスターして正しい洗濯を心がけましょう。おしゃれ着の場合、新品服の場合など、それぞれのケースに合わせて洗濯内容を決めるのがベストです。
でもそんな洋服の洗濯やクリーニングが面倒、ストレスになるという方は、クリーニング不要の洋服レンタルサービスを利用してみるのもおすすめです。

 

おすすめページ

 

洋服レンタルおすすめ7選!

洋服レンタル7選

洋服選びは女性の楽しみの一つですが、流行りやセンス、サイクルも早いため、失敗する事多く折角のおしゃれが苦い経験になる事も。そしておしゃれ=費用もかかります。そこで今、注目を浴びているサービスが洋服レンタル。プロがコーディネートしてくれたり月額料金で費用が抑えられたり色々なブランドや洋服が試せたりとメリットが多いのが特徴。今では多くの洋服レンタルサービスがあり、迷ってしまう事もあるのではないでしょか。そこで当サイトが口コミ評判あらゆる特徴を比較し、詳細をまとめ、自分に合う洋服レンタルが簡単にみつけられるようにしました。オススメ7選としランキング形式で紹介していますのでは要チェック!