服すぐ飽きる人の特徴!ファッションは飽きとの戦い!失敗しない為

服すぐ飽きる人の特徴

 

気に入って買った服でも、すぐ飽きてタンスのこやしになってしまうもの。

 

ファッションは「飽きた」と思ってしまうと、もう魅力を感じなくなります。

 

だからまたすぐ次の服を買い求めてしまい、また飽きてしまう…という悪循環から抜け出せなくなってしまうんですよね。

 

服に飽きるのが早いと服代がかさんで家計を圧迫してしまいます。いつも新しい服を求めているのは疲れてしまいますよね。

 

そこで今回は、服にすぐ飽きる人の特徴をリサーチ。

 

当サイトの見解だけでなく、人気女性ファッション誌やアパレルメーカーのWEBサイト、その他、様々なファッションサイトなど数十社以上の情報を参考にしています。

 

服に飽きるのが早い人は「新しいものが好き」「理想が高い」「飽きやすい服を買ってしまう」「安い服を買ってしまう」という特徴があるのです。

 

これらの特徴から、飽きにくい服、高い服を買うこと、さらに洋服レンタルや断捨離が飽きない服の対策になることが見えてきました。

 

 

服にすぐ飽きる人の特徴

服にすぐ飽きる人の特徴

 

服にすぐ飽きる人にはいくつか特徴があります。これを知ることで対策を考えることができます。

 

思い当たるものがないかチェックしてみてくださいね。

 

その特徴とは「新しいものが好き」「理想が高い」「飽きやすい服を買ってしまう」「安い服を買ってしまう」の4つです。

 

新しいものが好き

 

服にすぐ飽きる人は、服に限らず新しいものが好きな傾向にあります。

 

服そのものの良し悪しよりも「新しいor古い」で判断することが多く、常に新しいものを追いかけているのです。

 

店頭や通販サイトで「最旬コーデ」「新入荷」などの服を見つけると、ついつい買ってしまうでしょう。

 

新しい服を買うと、その前に買った服は「古い服」と感じてしまうので、すぐに飽きてしまうのです。

 

理想が高い

 

服にすぐ飽きる人は、おしゃれに対して理想が高い傾向にあります。

 

「ファッションに飽きた」と感じる基準は人それぞれですよね。

 

服にすぐに飽きる人は、理想が高いために、その飽きた基準が厳しいのです。

 

数回着た服は、もう飽きたと感じるようになります。

 

おしゃれに対する理想が高いので、ちょっと最旬コーデではなくなると、すぐに古臭く感じてしまい、心が離れてしまうのです。

 

だから、すぐに服に飽きてしまい、また次の服を買うことになります。

 

飽きやすい服を買ってしまう

 

服にすぐ飽きる人は、ついつい飽きやすい服を選んでしまいます。

 

もちろん買う時には「この服はすぐ飽きるだろう」と思って買っているわけではありません。

 

でも無意識のうちに飽きやすい服買っている傾向にあります。

 

クローゼットの中を見て、すぐに飽きる服、なかなか飽きない服に分けてみてください。

 

すぐに飽きる服には、以下のような服ではありませんか?

 

派手なカラー、柄物の服

 

派手なカラーや柄物の服は、すぐに飽きてしまうことが多いです。

 

なぜなら、できるコーデが限られてしまうから。合わせる服が少ないので、いつも同じようなコーデになってしまいます。

 

例えば、黒い無地のスカートなら、様々なタイプのトップスが合うでしょう。

 

でも、花柄でイエローのスカートならどうでしょうか。合わせるトップスは色も柄も限られますよね。

 

また、派手なカラーや柄物の服はインパクトがあるので目立ちます。

 

だからマンネリ感が出てしまい、すぐに飽きてしまうのです。

 

トレンド服

 

シーズンごと、数着はトレンド服を買う方が多いと思いますが、こちらもすぐに飽きてしまう傾向にあります。

 

トレンド服を買うと「今しか着れない!」と思って頻繁に着ますが、ヘビロテ服は飽きるのも早いでしょう。

 

また、トレンド服は、様々な人が着ているので飽きてしまうのです。

 

例えば、2020年は小花柄のスカートが流行りましたが、そうすると、街には小花柄のスカートを履いた女性を頻繁に目にすることになりますよね。

 

アパレルショップでも、小花柄のスカートがずらりと並んでいたでしょう。

 

トレンド服は、自分の持っている服だけでなく、よく目にするものなので、無意識のうちに飽きてしまうのです。

 

このような服は、飽きやすい人じゃなくても、飽きてしまう服です。

 

無意識のうちに、このような飽きやすい服ばかり手に取ってしまうので、長く服と付き合う事ができないのでしょう。

 

安い服ばかり買ってしまう

 

服にすぐ飽きる人は、安い服ばかり買っている傾向にあります。

 

バーゲンで買った服はすぐに飽きて着なくなってしまうでしょう。

 

安い服やバーゲンで買った服は、100%気に入った服じゃなくても「とりあえず安いから買っておこう」「あれば着るだろう」くらいの気持ちで買ってしまいます。

 

好きな服でも飽きるのに、そもそもあまり好きなじゃない服は、当然飽きてしまいますよね。

 

服代を節約するために安い服ばかり買っている方は多いと思いますが、残念ながら「安物買いの銭失い」になっている場合が多いでしょう。

 

服にすぐ飽きる人の特徴まとめ

 

服に飽きるのが早い人について考えてきました。

 

まとめると以下になります。

  • 新しいものが好き
  • 理想が高い
  • 飽きやすい服を買ってしまう
  • 安い服を買ってしまう

このような人は、気付かないうちに飽きる服ばかり選んでいるので、いつも「この服は飽きたな…」という不満ばかり感じてしまうでしょう。

 

飽きた服ばかりだとファッションを楽しむことができないですよね。

 

飽きない服を選ぶためには、上記の特徴を改善する方法を考えることが大事です。

 

次の章では「服にすぐ飽きる人の改善方法」をご紹介していきます。

 

服にすぐ飽きる人の改善方法

服にすぐ飽きる人の改善方法

 

服にすぐ飽きる人は、無意識のうちに飽きる服を選ぶ傾向にあります。

 

そのことを自覚して、飽きない服を着る工夫をしていきましょう。

 

まずは「飽きない服を買う」ことが大事。ベーシックカラー、無地、定番アイテムなど合飽きにくい服を理解して選びましょう。

 

「でも、やっぱりトレンド服や派手な服が着たい!」という場合は、洋服レンタルを利用するのもおすすめ。

 

さらに、飽きる服は一度「断捨離」することでおしゃれ度をアップさせることができます。

 

それぞれの改善方法について詳しく解説していきましょう。

 

飽きない服を買う

 

服にすぐ飽きる人は、無意識のうちに飽きやすい服を選ぶ傾向があります。

 

当たり前のことですが、服に飽きないためには「飽きない服」を選ぶことが大切です。

 

でも、飽きない服がわからないから困るんですよね。

 

飽きない服とは、長く好んで着れる服のこと。「他の服と組み合わせやすい」「インパクトが強すぎない」「流行りに左右されない」ことがポイントになります。

 

ベーシックカラー

 

まずはカラーから考えていきます。

 

「他の服と組み合わせやすい」「インパクトが強すぎない」「流行りに左右されない」カラーを選べば良いのです。

 

つまり、白、黒、グレー、ベージュ、ブラウン、ネイビーなどのベーシックカラーですね。

 

ベーシックカラーなら、他のカラーと合わせやすいので、様々なコーデが叶います。

 

インパクトやトレンド感もないので飽きにくいでしょう。

 

無地

 

派手な柄、インパクトのある柄はどうしても飽きてしまいます。

 

「他の服と組み合わせやすい」「インパクトが強すぎない」「流行りに左右されない」柄として考えられるのが、まず無地ですよね。

 

無地ならコーデに困ることもなく、インパクトやトレンド感が出ることもないでしょう。

 

無地以外にも、ボーダー、ストライプも飽きにくい柄と言えますね。

 

定番アイテム

 

トレンド感のあるアイテムは、すぐに飽きる服になってしまいます。

 

飽きない服はトレンド感の少ない定番アイテムなのです。

 

白いシャツ、ボーダーTシャツ、Vネックグレーニット、ひざ丈ベージュスカート、黒スキニーパンツ、トレンチコート、黒ワンピースなどのベーシックアイテムなら、様々なコーデができて、流行に左右されることもないですね。

 

このように、ベーシックカラー、無地、定番アイテムといった「飽きない服」を選ぶようにすれば、すぐに「飽きた!」となることは少なくなるでしょう。

 

1つの服と長く付き合うことができますね。

 

ただし、このような服ばかりだと「物足りない」と感じるデメリットもあります。

 

挑戦的なトレンド服や派手な服が好きな方、カラフルな服が好きな人の場合は、このような飽きない服は無難すぎてつまらないと感じるでしょう。

 

その場合は、基本はこのような飽きない服を揃えておき、1シーズン1着などと決めて、トレンド服や派手な服をプラスすれば良いですね。

 

ベーシックカラー、無地、定番アイテムが揃っていれば、インパクトのあるトレンド服は、コーデのアクセントとして使うことができるでしょう。

 

そうすれば、様々なコーデが叶うので、飽きにくくなりますね。

 

高い服を買う

 

服にすぐ飽きる人は安い服を買う傾向があります。

 

反対に高い服を買うと、長く使おうという意識が強くなりますよね。

 

値段が高いと、買う時にも「本当にこの服は必要?」「職場でもプライベートでも着れる?」「合わせられる服はたくさんある?」などじっくり考えてから買うでしょう。

 

だから、買ってすぐに飽きることは少ないのです。

 

高い服は安い服のようにたくさん買えない、頻繁に買えないというデメリットはあります。

 

でも、安くて飽きる服を何着も買うよりも、高くて飽きない服を1着買ったほうが、結果的にコスパが良くなるでしょう。

 

例えば、3,000円のトップスは1シーズンで飽きてしまうでしょう。3,000円くらいのトップスなら1シーズンに2,3着は買いますよね。

 

毎年3,000円の服を3着買っていたら、3年で27,000円になります。

 

1万円のトップスならどうでしょうか。1万円の服ならしっかり吟味して買うので1年で飽きることはありません。3年は着るでしょう。

 

すぐに飽きる安い服をたくさん持っているよりも、飽きない高い服を1着持っているほうが絶対コスパがいいわけです。

 

洋服レンタルを利用する

 

服にすぐ飽きる人は、「新しいものが好き」「理想が高い」という傾向があります。

 

このような人は、上記のように飽きにくい服を買ったり、高い服を買っても、やはりすぐに飽きたと感じてしまうでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、洋服レンタルサービスです。

 

どうせ飽きるなら借りてしまおうということですね。

 

上記でご説明してきたように「飽きにくい服」「高い服」を最低限持っておいて、トレンド服や派手な服はレンタルして楽しみましょう。

 

洋服レンタルには、大きく2つのタイプがあります。

 

1つは、結婚式などのために1回だけ利用するタイプ。もう1つは普段着を月額料金で借り放題のタイプです。

 

飽きやすい服の対策としておすすめしたいのが、後者の借り放題タイプ。

 

毎月多くの服を借りて着ることができて、飽きたら返却してまた新しい服をレンタルできます。

 

新しいものが好きな人、数回着た服はすぐに飽きてしまう人に最適なサービスと言えますね。

 

ただし、洋服レンタルは様々なサービスがあるので、どのサービスでも良いわけではありません。

 

ここで、当サイト一押しの「エアークローゼット」をご紹介しましょう。

 

おすすめは「エアークローゼット」

エアークローゼット

画像出典:エアークローゼット https://www.air-closet.com/

 

>>>エアークローゼット(詳細はこちら)

 

職場やプライベートを華やかにしてくれる大人カジュアル服をレンタルできるエアークローゼット。

 

サイズや好みなどの基本情報を登録しておくと、それに応じてスタイルリストがあなたに合う服を選んで送ってくれるサービスとなっています。

 

BEAMS、SHIPS、UNITED ARROWS、INDIVIなどの人気ブランドから、知る人ぞ知るブランドまで幅広く扱っていて、アイテム数はなんと30万着以上!

 

その中から毎月新しい服が送られてくるので「なんかファッションに飽きたな…」と思うことはきっとなくなります。

 

基本プランは月額10,780円(税込)。1回3着レンタルすることができて、すぐに返却するサイクルなら1ヵ月12着ほど着ることもできるんです。

 

3着をじっくり1ヵ月着回してもいいですが、飽きっぽい人は1回着てすぐ返却して、また次をレンタルする方法がいいですね。

 

服にすぐに飽きる人におすすめしたいポイントは、トレンドアイテムや華やかアイテムが充実しているところ。

 

定番服だけ持っていれば、飽きやすいトレンド服や派手な服はエアークローゼットで楽しむことができますね。

 

InstagramやTwitterでエアークローゼットを検索すると、何百ものエアークローゼットユーザーの投稿をチェックすることができるので、信憑性の高い口コミを見ることができます。

 

その中には「エアークローゼットはトレンド服が充実しているので楽しい」「華やかな花柄スカートが届いてすごく似合った!」「手持ちの服は最小限にして、あとはエアークローゼットでレンタルしている」等の口コミを見ることができます。

 

飽きやすい服はエアークローゼットで借りると便利なことがわかりますね。

 

ただし、自分で選ぶのではなくスタイリストが選んでくれるサービスなので、気に入らない服が送られてくることもありますのでご注意ください。

 

断捨離をする

 

ここまで、飽きない服を選ぶための方法として、「飽きない服を買う」「高い服を買う」「洋服レンタルを利用する」をご紹介してきました。

 

最後にご紹介する方法は「断捨離」をすることです。

 

飽きる服を選ばないようにするためには、一度「飽きた服」は手放してしまうのがおすすめ。

 

「飽きた服=二軍、三軍の服」ですよね。そのような服はあなたのおしゃれ度を下げてしまいます。

 

「あまり気に入っていない飽きた服だけど、勿体ないから着よう」と思った日のコーデは気に入らないコーデですよね。

 

二軍、三軍の服をきれいさっぱり捨ててしまえば、一軍の服だけになるので毎日お気に入りのコーデが叶います。

 

だから「着る服がないから新しく買おう」という気持ちが少なくなり、無駄に飽きる服を買うこともなくなるでしょう。

 

「もう着たいと思わない服」「なくても困らない服」を基準に、飽きた服はどんどん捨ててしまいましょう。

 

でも、断捨離には一つ大きなデメリットがあります。

 

飽きた服であっても、まだ着れる状態の服を捨てるのは心苦しい…ということです。

 

そんな時は、買取サービスにチャレンジするのはいかがでしょうか。

 

当サイトが推奨する「ティファナ」をご紹介しましょう。

 

tifana -ティファナ-

ティファナ
(出典:tifana)

 

>>>tifana -ティファナ-(詳細はこちら)

 

20年の実績を持つ買取サービス「ティファナ」は、関東などエリア限定で店舗買取や出張買取を行う人気買取サービスです。

 

でも、関東エリア以外の方でも大丈夫。売りたい服を梱包して送り買い取ってもらう宅配買取サービスも行っています。

 

当サイトがおすすめするポイントは2つ。

 

1つ目は、都内14店舗、埼玉1店舗を構える信頼度の高さです。

 

最近、様々な宅配買取サービスがありますが、WEBだけで完結するため、「どんな会社が運営しているんだろう…」という不安があります。

 

ティファナは何店舗もあり、20年の実績があるので安心感がありますね。

 

2つ目は、ノーブランドやプチプラブランドも買い取り対象ということ。

 

これは意外と稀なことなんです。ほとんどの買取サービスは、ブランド服限定なので、ノーブランドやプチプラブランドは買い取ってもらえません。

 

もちろんティファナでも買い取れないブランドもありますが、かなり幅広いことは確かです。

 

申し込みをすると、段ボールが送られてくるので、あとは売りたい服を梱包して送るだけ。あとは査定結果を待つだけという簡単サービスなので、興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

査定料などの費用はかからず、無料で利用できるので気軽に試すことができますよ。

 

※現在ノーブランド服の買取は行っていないようですが、ブランド品買取は好評です

 

服すぐに飽きる人は「飽きない服を買う」「飽きる服はレンタルする」「飽きた服は捨てる」が正解!

 

すぐに服に飽きてしまうと、また新しい服を買うことになり、時間もお金も勿体ないですよね。

 

今回は、服にすぐに飽きる人の特徴、その対策方法を考えてきました。

 

服に飽きるのが早い人は「新しいものが好き」「理想が高い」「飽きやすい服を買ってしまう」「安い服を買ってしまう」という特徴があります。

 

この特徴からわかる対策は「飽きない服を買う」「飽きる服はレンタルする」「飽きた服は捨てる」という方法が、当サイトの結論です。

 

洋服レンタルサービスや買取サービスを賢く利用することがポイントですね。

 

ファッションに飽きる問題がなくなると、おしゃれはもっと楽しくなるでしょう。