ファッションセンスのいい人の服の選び方!磨き方は型を学ぶ事から!

ファッションセンスのいい人の服の選び方!磨き方は型を学ぶ事から!

 

ファッションセンスのいい人になりたい!と思っても難しいものですよね。

 

センスのいい人と、あまりセンスがよくない人は何が違うのでしょうか。

 

「生まれつきセンスがいいから?」「高い服ばかり着ているから?」そのような理由なら、センスのいい人になるのは無理かもしれませんね。

 

でも大丈夫!ちょっとしたファッションセンスの磨き方がわかれば、意外と簡単にセンスアップできるんです。

 

そのセンスの磨き方とは、型を学ぶこと。つまり、コーディネートを考えることが重要なのです。

 

さらに着こなし方を変えることで、ぐんとセンスがいい人に近づくでしょう。

 

今回は、当サイトの見解に加えて、女性ファッション雑誌の情報や、InstagramなどのSNS上に投稿されてるコーデなどを徹底リサーチし、「ファッションセンスのいい人から学ぶセンスの磨き方」を考えていきたいと思います。

 

 

ファッションセンスが悪い人の特徴

ファッションセンスが悪い人の特徴

 

ファッションセンスの磨き方を考えるために、まずセンスが悪い人の特徴を考えてみたいと思います。

 

なんかセンスが悪いな…と思う人には、以下の特徴があります。

  • チグハグな組み合わせをしている
  • 色使いが悪い
  • 盛り過ぎている
  • トレンドアイテムが多すぎる
  • 着こなしが上手くない

心当りがある項目がないかチェックしてみてくださいね。一緒に見ていきましょう。

 

チグハグな組み合わせをしている

 

ファッションセンスが悪い人の特徴として、チグハグな組み合わせをしていることが挙げられます。

 

トップスはフォーマルでボトムスはカジュアルなど、テイストが違う上下の組み合わせはチグハグな印象になりセンス悪く見えてしまいます。

 

可愛い系のワンピースにメンズライクなアウターなどの組み合わせもチグハグコーデでおしゃれではないですね。

 

また、トップスは夏素材のリネンのシャツ、ボトムスは秋素材のウールのパンツなど、素材がチグハグな組み合わせもセンスが悪い印象になります。

 

無意識のうちに、テイストや素材など、統一感がなくチグハグな組み合わせをしてしまうのです。

 

色使いが悪い

 

ファッションセンスが悪い人は、色使いが悪いことが多いです。

 

その理由として「好きな色を選んでいる」「たくさんの色を使っている」ことが考えらえます。

 

「自分の肌に合う色」「このスカートに合う色」などの基準で色を選ぶのではなく、好きな色を選んでいるのです。

 

だから、センスの悪い色使いになってしまうことが多いのです。

 

また、様々な色を使ったほうがおしゃれに見えるという意識があり、たくさんの服を選んでしまう傾向にあります。

 

無駄にたくさんの色を使ってもおしゃれに見えるわけではありません。合わない色を何種類も合わせると、センス悪い印象になるでしょう。

 

盛りすぎている

 

ファッションセンスが悪い人は、盛り過ぎている傾向にあります。

 

センスに自信がないから頑張っておしゃれをしようと思い、頑張りすぎてしまうのです。

 

例えば、トップスにもスカートにもビジューがついていたり、トップスもボトムスもフリルがついた服など。

 

花柄のワンピースに、柄物の靴を合わせてしまうなど、ごちゃごちゃしたコーデになってしまいます。

 

華やかアイテムをどんどんプラスしたからと言ってセンス良くなるわけではありません。

 

おしゃれな人は、足し算より引き算をします。足し算ばかりの人は、センスが悪いでしょう。

 

トレンドアイテムが多すぎる

 

ファッションセンスが悪い人は、トレンドアイテムが多すぎるという特徴もあります。

 

「トレンドアイテム=センスがいい」と思っているので、どんどんトレンドアイテムを取り入れていくのです。

 

おしゃれにトレンド服が大切なことは事実ですが、やりすぎはNG。

 

トップスもボトムスもトレンドアイテムだと、かえって野暮ったい印象になりセンスが悪い人になるでしょう。

 

着こなしが上手くない

 

ファッションセンスが悪い人は、せっかくおしゃれなコーディネートをしていても、着こなしが上手くないという特徴があります。

 

お店でマネキン買いしたのに、ファッション雑誌のコーデを丸ごと買ったのにセンス良く見えないのは、着こなし方に問題があるのです。

 

同じ服でも、着こなし方によって印象が大きく変わります。

 

例えば、スカートにインすればセンス良く見えるトップスでも、インせずに着ていたら野暮ったい印象になってしまいます。

 

ロールアップするとセンス良く見えるデニムでも、そのまま履いてしまうとセンス悪く見えてしまうのです。

 

ファッションセンスが悪い人の特徴まとめ

 

ここまで、ファッションセンスが悪い人の特徴をご説明してきました。

 

まとめると以下になります。

  • チグハグな組み合わせをしている
  • 色使いが悪い
  • 盛り過ぎている
  • トレンドアイテムが多すぎる
  • 着こなしが上手くない

これらの特徴からわかることは、センスが悪い人は、センスのいい「コーディネート」とと「着こなし」ができていないという事です。

 

1着1着はセンスの良いものを選んでいたとしても、コーディネートが上手くできていないからセンスが悪い人になってしまうのです。

 

また、センスが良い服を選んでいても、センスの良い着こなしができていないから、センスが悪い人になっているのでしょう。

 

センスが悪い人がすべきファッションセンスの磨き方は「コーディネート」と「着こなし」がカギになりますね。

 

ファッションセンスのいい人の服の選び方

ファッションセンスのいい人の服の選び方

 

ここまで、ファッションセンスが悪い人の特徴について考えてきました。

 

センスの良い「コーディネート」と「着こなし」ができていないから、センス悪くなってしまうのです。

 

それでは、ファッションセンスのいい人は、どんな服の選び方をしているのでしょうか。

 

センスがいい人は、以下のような服の選び方をしているからおしゃれに見えるのです。

  • 統一感を考えて服を選んでいる
  • 色のバランスがいい
  • 抜け感が上手い
  • ほどよくトレンドを取り入れている
  • 着こなしが上手い

 

統一感を考えて服を選んでいる

 

ファッションセンスがいい人の服は、統一感があります。

 

テイスト、季節感、素材など、あらゆる要素に統一感をもたせることを考えて服を選んでいるのです。

 

インテリアでも、ごちゃごちゃした家具よりも統一感があるとセンス良く見えますよね。

 

統一感のあるコーディネートは洗練された印象を与えるでしょう。

 

色のバランスがいい

 

ファッションセンスがいい人は、色のバランスを考えて服を選んでいます。

 

例えば、「濃いベージュ+薄いベージュ」などワントーンでまとめる。

 

「白+黒+ベージュ」などベーシックカラーでまとめる。

 

「白+黒+グリーン」など、ベーシックカラーに差し色を入れる。

 

このように、無駄に色を使うのではなく、バランスよくまとめることができるのです。

 

抜け感が上手い

 

ファッションセンスがいい人は、抜け感が上手い人が多いです。

 

「袖をまくって手首を見せて、ロールアップで足首を見せて抜け感を出す」

 

「きれいめワンピースにスニーカーを合わせて抜け感を出す」

 

「ゆるっとしたワンピースで抜け感を出す」

 

このように、肌見せ、テイスト、シルエットなどで、力が抜けたような雰囲気を出しているのです。

 

ただし、決して本当に力を抜いてだらしないコーデが良いわけではありません。

 

力が抜けたように見せることで、センスいいコーディネートになります。

 

おしゃれをしようと思うと、頑張りすぎて盛り過ぎてしまいますが、抜け感が必要なのです。

 

ほどよくトレンドを取り入れている

 

ファッションセンスのいい人は、ほどよくトレンドを取り入れています。

 

全身トレンドアイテムの人は、センスのいい人には見えません。

 

トレンドに疎い人もセンスがいい人には見えないですよね。

 

センスがいい人は、ちょうど良くトレンドを取り入れているのです。

 

ファッションセンスのいい人の法則は、1コーデに1つだけトレンドアイテムをプラスするというもの。

 

これにより、ぐんとセンスいいコーディネートになるでしょう。

 

着こなし方が上手い

 

ファッションセンスがいい人は着こなし方が上手いです。

 

着こなしは、コーディネートと同じようでちょっと違います。

 

コーディネートは組み合わせること。頭で考えることができるのがコーディネートですね。

 

着こなしは、服の着方。実践することです。

 

だから、コーディネートはバッチリでも、いざ着てみると何かセンス良く見えない…ということがあるのです。

 

それは、着こなし方が悪いからでしょう。

 

センスがいい人は、シャツの袖をまくって手首を見せたり、シャツの裾をボトムスにインしたり、ジーンズをロールアップするなど、着こなし方が上手いのです。

 

ファッションセンスのいい人の服の選び方まとめ

 

ここまで、ファッションセンスがいい人の服の選び方についてご紹介してきました。

 

まとめると以下になります。

  • 統一感を考えて服を選んでいる
  • 色のバランスがいい
  • 抜け感が上手い
  • ほどよくトレンドを取り入れている
  • 着こなしが上手い

前の章で、センスが悪い人は「コーディネート」「着こなし方」に問題があるとご説明しました。

 

センスがいい人は、上記のように「コーディネート」と「着こなし」が上手いからセンス良く見えることがわかります。

 

ファッションセンスのいい人から学ぶべきは、コーディネートと着こなしということですね。

 

次の章では、具体的なセンスの磨き方をご紹介したいと思います。

 

ファッションセンスのいい人から学ぶセンスの磨き方

ファッションセンスのいい人から学ぶセンスの磨き方

 

ファッションセンスがいい人は、コーディネートを考えて服を選んでいること、さらに着こなし方が上手いことがわかりました。

 

一方、センスが悪い人は、コーディネートと着こなしが悪いことが問題だということもわかりましたね。

 

それでは、どうすればセンスのいい人からコーディネートや着こなしを学ぶことができるのでしょうか。

 

おしゃれは理論的ではなく感覚的なものなので、勉強するのが難しいですよね。

 

そこでおすすめしたいのが以下4つの方法です。

  • センスのいい人に会う
  • センスのいい人の情報を見る
  • センスのいい人の真似をする
  • 意見をもらう
  • 洋服レンタルを利用する

 

センスのいい人に会う

 

センスのいい人からコーディネートや着こなしを学ぶためには、実際に会って「盗む」のが一番。

 

実際に会うと、その人の雰囲気がよくわかるので、「こんな雰囲気の人はこんなコーディネートが合う」ということがわかりやすいのです。

 

例えば、サバサバした性格の女性は、可愛い系の服よりメンズライクの服がマッチしたりしますよね。

 

そのような雰囲気とコーディネートの相性を知ることができるのでとても勉強になります。

 

さらに、実際に会うと正面だけでなく、横も後ろも360度ぐるりとコーデをチェックできるメリットもありますね。

 

友達や同僚にセンスのいい人がいるなら、ぜひその人からコーディネートや着こなしを盗んでください。

 

上記でご説明してきた、センスのいい人のポイントをおさえてチェックすると良いでしょう。

 

友達や同僚にセンスのいい人を見つけられないなら、ショップ店員さんがおすすめです。

 

ショップ店員さんに接客されると服を買わなきゃいけなくなりそう…と思うかもしれませんが、意外とおしゃれアドバイスだけ受けている人は多いです。

 

もちろん全く買う気がないのに、ダラダラ話をするのはマナー違反ですが、ちょっとコーディネートを参考にさせてもらうくらいは良いでしょう。

 

好きなブランドのお店に行くと、そのブランドの服を着こなしている店員さんのコーデや着こなしを見ることができるので、とても勉強になりますよ。

 

また、街を歩いているセンスのいい人のコーディネートを参考にするのもおすすめです。

 

ただし、おしゃれな人に実際に会う機会はどうしても限られてしまうというデメリットがあります。

 

街に出てセンスがいい人のおしゃれコーデや着こなしチェックができたら、次は情報収集をしましょう。

 

次の章で「センスのいい人の情報を見る」方法をご紹介します。

 

センスがいい人の情報を見る

 

直接センスのいい人に会ってコーディネートや着こなしを参考にするのが一番ですが、出掛けるのが大変ならファッション雑誌やSNSで情報を探しましょう。

 

ポイントはファッション雑誌→SNSの順番に調べることです。

 

ファッションセンスがいい人と言えば、ファッション雑誌に載っているモデルさんですが、実際に参考にするのはちょっと難しいですよね。

 

モデルさんのようなスタイルじゃないと着こなせない服ばかりだったり、実際に買えないようなお高いアイテムばかりだったり…です。

 

でも、トレンドやおしゃれアイテムを知るためにはファッション雑誌は、間違いない資料です。

 

そこで、まずファッション雑誌を見て、着たいアイテムや旬のアイテムのキーワードを見つけましょう。

 

そして、そのキーワードをInstagramでハッシュタタグ検索してみてください。

 

例えば、雑誌で今年の春は「ワイドパンツがトレンド!」という情報を見つけたら、「#ワイドパンツ」で調べてみましょう。

 

実際に真似しやすいインスタグラマーのワイドパンツの着こなしを見ることができますよ。

 

ワイドパンツにはどんなトップスを合わせるとセンス良く見るのか、着こなし方がどうすればいいのか等、色々な角度からチェックしてみてください。

 

センスがいい人の真似をする

 

実際に会ったり、SNSでセンスがいい人のコーディネート、着こなし方を参考にしたら、そのコーディネートを試してみましょう。

 

どんなに素敵なコーディネートでも、着こなしが上手くいかないと台無しになってしまいます。

 

だから、実際に着こなしてみることが大切です。

 

例えば、先ほどのワイドパンツを購入して着てみたとしましょう。

 

インスタグラマーの着こなしを参考に手持ちの服と合わせてコーディネートしたら、全身写真に撮ってみましょう。

 

前だけでなく、横、後ろからの写真も撮ってくださいね。

 

コーディネートは全体を客観的に見ることが重要です。

 

写真に撮ってみると、鏡を見ていると気付かない部分までチェックすることができますね。

 

センスアップを図るのであれば、コツコツ努力することも必要です。

 

洋服レンタルを利用する

 

「センスのいい人に会う」「センスのいい人の情報を見る」「センスのいい人の真似をする」の3つの方法で、だいぶファッションセンスを磨くことができるでしょう。

 

最後にご紹介する方法は、プロの力を借りる方法です。

 

洋服レンタルサービスを利用すれば、プロのスタイリストからコーディネートを考えてもらうことができて、着こなしアドバイスをもらうこともできるのです。

 

最近は、月額料金を支払い、毎月数着の服をレンタルするサブスクサービスが人気を集めています。

 

結婚式などの特別な日のために着る服ではなく、職場やプライベートで普段使いする服をレンタルするのが特徴。

 

自分でレンタルする服を選ぶタイプのサービスもありますが、スタリストが選んでくれるタイプのサービスもあるのです。

 

当サイトがおすすめする「エアークローゼット」を紹介しましょう。

 

おすすめは「エアークローゼット」

エアークローゼット

画像出典:エアークローゼット https://www.air-closet.com/

 

>>>エアークローゼット(詳細はこちら)

 

30万着以上のブランド服を扱う大手洋服レンタルサービスのエアークローゼット、30代を中心に幅広い女性から支持されています。

 

BEAMS、SHIPS、UNITED ARROWS、INDIVIなどの人気ブランドや、知る人ぞ知るちょっとマイナーなブランドまで、300以上のブランドを扱っているというから驚きです。

 

登録時に好みやサイズを登録しておくと、その情報を参考に、プロのスタイリストがあなたに合った服を選んで送ってくれるサービスとなっています。

 

他にもスタイリスト付きの洋服レンタルサービスはありますが、エアークローゼットのスタイリストは、非常に腕が良いプロフェッショナルが揃っているのが特徴。

 

ファッション業界で活躍中の方、経験豊富な方ばかりなので、様々なコーデを提案してもらえるのです。

 

SNS上では、毎日のようにエアークローゼットユーザーの情報が投稿されているのですが、そのコメントを見ると「いつも着ないような服を選んでもらったらすごく似合って驚いた」「エアークローゼットのコーディネートは周りから褒められる」など、スタイリストの腕の良さが伺える投稿ばかり。

 

ファッションセンスを磨きたい方にピッタリのサービスなんです。

 

さらにおすすめポイントは、ただ似合うコーディネートが送られてくるだけじゃなく、着こなしアドバイスをもらえるところです。

 

ファッションセンスのいいプロからコーディネートも着こなし方も伝授してもらえるので、効率よくファッションセンスを磨くことができるでしょう。

 

基本プランは月額10,780円(税込)で、1回3着レンタルすることができます。借り放題なので、すぐに返却してサイクルなら1ヵ月12着ほど着ることもできるのです。
スタイリストのコーディネート料金はかからないので、非常にコスパがいいサービスですね。

 

ファッションセンスを磨くためにはセンスがいい人に学ぶのが近道

 

今回は、ファッションセンスを磨くための方法を知るために、ファッションセンスが悪い人、いい人について考えてきました。

 

ファッションセンスが悪い人の特徴は以下が挙げられます

  • チグハグな組み合わせをしている
  • 色使いが悪い
  • 盛り過ぎている
  • トレンドアイテムが多すぎる
  • 着こなしが上手くない

一方、ファッションセンスがいい人は以下のように服を選んでいるのです。

  • 統一感を考えて服を選んでいる
  • 色のバランスがいい
  • 抜け感が上手い
  • ほどよくトレンドを取り入れている
  • 着こなしが上手い

つまり、ファッションセンスを磨くためには、服そのものではなく「型」を学ぶことが大切。コーディネートと着こなしを学ぶことが大事なのです。

 

「センスのいい人に会う」「センスのいい人の情報を見る」「センスのいい人の真似をする」ことで、センスのいい人のコーディネートと着こなしを真似る努力をしましょう。

 

さらに、洋服レンタルサービスなら、効率よくファッションセンスを磨くことができるのでおすすめですよ。